児童手当とあわせると最大年24万円。東京「018サポート」の申請期日は12月15日。申請しなきゃもったいない

執筆者:川辺 拓也

【記事執筆】FP川辺 拓也

3,000人を超える顧客からの相談実績をもとに、社会保障制度や家計に必要な金融知識を分かりやすく提供。2級ファイナンシャルプランニング技能士。金融全般から、お金に関する政策まで幅広く専門領域があり、複数の金融メディアに多数寄稿。

東京都が独自に実施する子育て世帯への給付「018サポート」は、2023年12月15日が申請期限です。

申請期限を過ぎた場合、給付金は支払われるのでしょうか。

この記事では、018サポートの申請期限を過ぎてしまった場合や、児童手当と合わせた支給額について解説します。

018サポートの給付スケジュール

018サポートは、18歳以下の子どもがいる世帯を対象に、子ども1人につき月5,000円を給付する制度です。

2023年12月15日までに申請を終えた場合、給付金は2024年1月に一括で支給されます。

2023年4月以降、都内に在住している子育て世帯には、子ども1人あたり6万円が支給されます。

都内に転入した場合や、年度内に出産した場合は、転入月や出生月の翌月分から2024年3月分が支給されます。

  • 2023年6月15日に転入:子ども1人あたり4万5000円(9ヵ月分)
  • 2023年10月10日に出産:子ども1人あたり2万5000円(5ヵ月分)

申請期限を過ぎてしまった場合でも、018サポートの給付は受けられます。

ただし、給付金の支払いが遅くなるので注意が必要です。

児童手当とあわせていくら受け取れる?

児童手当と018サポートをあわせると、1ヵ月あたりいくら受け取れるのか確認しましょう。

児童手当は、中学生まで受け取れますが、子どもの人数や養育者の所得によって支給額が異なります。

ここでは、通常給付の世帯、特例給付の世帯、児童手当が支払われない世帯に分けて支給額をシミュレーションします。

なお、児童手当の所得制限については、こちらの記事「児童手当の所得限度額の計算方法」を参考にしてください。

通常給付の世帯

通常給付の場合、3歳未満は1万5000円、3歳から小学生までは1万円(第3子以降は1万5000円)、中学生は一律1万円を支給します。

018サポートとあわせた給付額は、下表の通りです。

合計支給額は、月2万円から1万5000円となります。

特例給付の世帯

特例給付の場合、中学生まで一律5,000円が支給されます。

018サポートとあわせた給付額は、下表の通りです。

特例給付の場合、中学生までは合計1万円、高校生は5,000円が支給されます。

児童手当が支払われない世帯

018サポートは所得制限がないので月5,000円支給されますが、児童手当は一定の所得を超えると支払われません。

児童手当とあわせると、最大で子ども1人あたり年間24万円を受給できます。

018サポートの申請は、オンラインや郵送での手続きができるので、まだ済ませていない人は期限内に終わらせておきましょう。

キーワードで記事を検索