子どもにお金はいくらかかる?子どもにかかるお金を年齢別に解説

執筆者:マネーFix 編集部

【監修】株式会社RKコンサルティング河合 克浩

一般企業、外資系金融機関を経て、現在はファイナンシャルプランナー(FP)として年間150件超のお金の相談に対応。難しく感じる経済やお金の話をわかりやすく説明することに定評がある。夢を実現するため相談者に寄り添い、人生が豊かになるサポートを心がけている。

子育てに必要なお金は、子どもの年齢によっても大きく異なります。「何歳までにいくら用意すればいいの?」「子育ての費用はどうやって準備すればいい?」という疑問を持つ人もいるでしょう。

子育て費用の総額は、小学校から大学まですべて公立に通った場合でも2000万円以上かかります。

この記事では、子どもの年齢別に必要な費用をシミュレーションします。また、そのお金をどうやって工面していけばいいのかも解説します。

この記事でわかること
  • 年齢別の子育て費用相場
  • 公立・私立学校別の費用シミュレーション
  • 子育て費用の準備方法

子どもにかかるお金の内訳

まず子どもにはどのようなお金がかかるのか、内訳別に見ていきましょう。

教育費
  • 保育費
  • 入学金・授業料
  • 学校外活動費(部活動や習い事)
生活費
  • 食費
  • 生活用品費
  • 医療費
その他費用
  • 子どものお小遣い
  • 携帯電話利用料
  • お祝いや行事費用
  • レジャー費

これらの中でも、長期的な視点で準備が必要なのが教育費です。とくに負担が大きいのが大学に通った場合です。

教育費は、子どもの進路によっても違いがあります。一般的に国公立と私立では、2~2.5倍の差があるといわれています。

教育費については、教育費はいくらかかる?学費の負担を減らす方法を紹介も参考にしてみください。

【子どもの年齢別】子育てにかかるお金

子育てにはどれくらいのお金がかかるのか、内閣府の資料をもとに各年代で見ていきましょう。

0~2歳の子どもにかかるお金

生活費項目 金額
食費 4万9738円
水道・光熱費 1万6102円
家具・家事用品 9,683円
服飾費 1万2795円
保険・医療費 1万1865円
交通・通信費 4万7077円
教育費 407円
娯楽費 2万3816円
その他の支出 5万644円
生活費合計 22万2127円
出典:内閣府「子どものいる世帯の年齢層別消費支出」(以下同)

まずは子どもが出生してから2歳前後までにかかるお金です。乳児から幼児にかけては突然の体調変化が多く、上表でも医療費負担が目立ちます。この時期は、産休・育休などにより収入が減るケースも多いでしょう。

自治体によっては、子どもの医療費を自治体負担とするところがあります。先進医療など公的保険を除く医療費全額がカバーされる自治体と、1回500円などと金額上限が設定されている自治体があるので、自分の居住する自治体の制度を確認しましょう。

3~5歳の子どもにかかるお金

生活費項目 金額
食費 5万7854円
水道・光熱費 1万7560円
家具・家事用品 8,673円
服飾費 1万4287円
保険・医療費 1万777円
交通・通信費 4万1780円
教育費(幼稚園・保育園など) 1万8831円
娯楽費 3万1551円
その他の支出 5万3746円
生活費合計 25万5059円

子どもが3~5歳になると、教育費の負担が増えます。保育園は認可保育園と無認可保育園があり、保育料も大きく変わります。認可に入れるかは、待機児童の状況や、家族の条件などによって変わってくるでしょう。

また、旅行や日々のイベントなどで、娯楽費が上昇する時期でもあります。家族によっては2人目、3人目の子どもを考える時期でもあるため、目の前の子どもだけではなく、将来的なライフプランについてしっかり検討することが大切です。

6~11歳の子どもにかかるお金

生活費項目 金額
食費 6万8771円
水道・光熱費 1万8630円
家具・家事用品 8,936円
服飾費 1万5586円
保険・医療費 9,656円
交通・通信費 3万6424円
教育費 8,606円
娯楽費 4万1941円
その他の支出 5万4704円
生活費合計 26万3254円

6~11歳は小学生の時期です。幼児期と比べて、小学生になると食費と娯楽費の負担が増えます。

服飾費が高いのは、短期間で身体が成長して衣服の買い替え頻度が高まるためです。最近はリユースの市場なども成長しているため、上手に利用したいところです。

12~14歳の子どもにかかるお金

生活費項目 金額
食費 7万5540円
水道・光熱費 2万872円
家具・家事用品 8,804円
服飾費 1万6043円
保険・医療費 8,657円
交通・通信費 3万9432円
教育費 2万4639円
娯楽費 3万381円
その他の支出 6万4292円
生活費合計 28万8660円

中学校からは私立に通わせる人も増えます。一般的な目安ですが、私立の教育費は公立に比べて2~2.5倍かかります。食費や水道・光熱費といった日常生活に必要な費用も増すため、家計のやりくりが一層重要になります。

とはいえ、この3年間がピークではなく、ここからさらに全体的な費用が上がっていくため、12歳を迎えるまでにどれだけ資金を準備できるかがポイントです。

15~17歳の子どもにかかるお金

生活費項目 金額
食費 8万229円
水道・光熱費 2万1848円
家具・家事用品 1万122円
服飾費 1万6041円
保険・医療費 9,909円
交通・通信費 4万5612円
教育費 3万7794円
娯楽費 3万1630円
その他の支出 7万2504円
生活費合計 32万5689円

全体的にさらに費用が増えています。場合によっては、預貯金の取り崩しが必要となってくる時期といえるでしょう。とはいえ、このあとの18~21歳ではさらに大きな負担がかかるため、親にとってはふんばりどころです。定期的にライフプランを見直し、家計をコントロールするようにしましょう。

子どもは学業や部活、キャリア形成などで重圧を受ける時期でもあるため、こまめに話し合い、現実性も踏まえた選択肢を取っていきましょう。

18~21歳の子どもにかかるお金

生活費項目 金額
食費 7万6248円
水道・光熱費 2万1841円
家具・家事用品 1万2154円
服飾費 1万9266円
保険・医療費 1万831円
交通・通信費 5万4506円
教育費 3万7697円
娯楽費 3万1545円
その他の支出 9万1945円
生活費合計 35万6033円

子どもが国公立大学に進むか、私立大学に進むかによって教育費の負担は大きく変わります。また下宿や一人暮らしをする場合には、さらに大きな資金が必要になります。家計のやり繰りは厳しい時期ですが、子育ても残りわずかです。

浪人による予備校費や、突然の志望校変更などで追加費用が発生する可能性もあるため、余裕をもって準備しておきましょう。

子育てにかかる費用のシミュレーション

教育費は、子どもの進路によって大きく変わります。子どもがどのような進路を希望してもいいように、しっかり相談して準備しておくことが大切です。

ここでは、小学校から大学までにかかる教育費と生活費について、高校・大学を私立へ進学した場合、公立へ進学した場合に分けてシミュレーションしてみます。

高校・大学が私立の場合

まず、中学校まで公立に通い、高校・大学と私立に通った場合のシミュレーションです。

パターン1
  • 公立小学校:35万×6年=210万円
  • 公立中学:54万×3年=162万円
  • 私立高校:105万×3年=315万円
  • 私立大学:667万×4年=2668万円
  • 大学卒業までの生活費:189万円(※個人により異なる)
出典:生命保険文化センター「ライフイベントから見る生活設計」、内閣府「社会全体の子育て費用に関する調査研究報告書」(以下同)

合計額は3355万円です。

高校・大学が公立の場合

続いて、高校・大学ともに公立に通った場合のシミュレーションです。

パターン2
  • 公立小学校:35万×6年=210万円
  • 公立中学:54万×3年=162万円
  • 公立高校:51万×3年=153万円
  • 公立大学:479万×4年=1916万円

大学卒業までの生活費:189万円(※個人により異なる)

合計額は2441万円です。

高校から公立に進学した場合よりも、私立に進学した場合の方が約1.4倍費用がかかります。なお、東京や大阪など都市部の大学に行くか、地方の大学に行くかで物価の違いも想定されます。

子育てにかかるお金を準備するポイント

子育てにかかるお金を準備するポイントは、以下の通りです。

  • 計画的に貯蓄をする
  • 助成金を活用する
  • 奨学金を利用する

計画的に貯蓄をする

子どもを育てるための費用は、早い段階から準備しておくことが大切です。貯蓄を着実に増やす方法は、以下の通りです。

  • 家計簿をつけて無駄な出費を把握する
  • 子育て資金用の口座を分けてお金を管理する
  • 副業で収入を増やす
  • 資産形成に取り組む

子どもにかかるお金の貯め方については、子どものために必要な貯金額はいくら?も参考にしてください。

家計簿をつけて無駄な出費を把握する

貯蓄は意識しているけれど貯まらないという人は、家計簿をつけるのもおすすめです。家計簿をつけると、毎月の収支が把握しやすくなります。

毎月の支出は、変動費と固定費に分けて管理することが大切です。固定費は住居費や水道・光熱費など、変動費は食費や交際費などです。家計簿をつけたうえで前月以前と比較することで、使い過ぎていないか判断できます。

スマートフォンの家計簿アプリを使う方法もあります。レシートをカメラで撮影するとて、支出項目が分けられるなど利便性が高いです。

子育て資金用の口座を分けてお金を管理する

通常の給与振込や生活費の引き出しに使用している口座とは別に、教育費を貯蓄するための口座を持っておくことも有効な方法です。用途別に口座を分けることで、ついお金を引き出してしまうのを避けられるでしょう。

副業で収入を増やす

支出を減らすだけでなく、収入を増やすのも有効です。より高収入な会社に転職したり、副業したりする方法があります。最近は副業を解禁する会社も増えています。

資産形成に取り組む

株式や投資信託などで資産運用に取り組む方法もあります。学資保険など、貯蓄性のある保険を活用すると、万が一の場合の保障をしながら資産形成をすることも可能です。

助成金を活用する

家族構成や年収などの要件を満たしていれば、国や自治体の助成金制度を利用できることがあります。主な助成金制度は、以下の通りです。

  • 児童手当
  • 高等学校等就学支援金

児童手当

児童手当は、0歳~中学生までの児童を養育している世帯が支給対象です。2024年10月に制度改正を予定しており、支給対象が高校生まで延長されます。

現行制度
  • 0~2歳:1万5000円
  • 3歳~小学生:1万円(第3子以降1万5000円)
  • 中学生:1万円
新制度
  • 0~2歳:1万5000円
  • 3歳~小学生:1万円
  • 中学生:1万円
  • 高校生:1万円
(※)第3子以降は一律3万円

高校生は必ず学校に通っていなければならないわけではなく、同年代で就職している人や、無職の人も対象となります。18歳を迎えたあと、最初の3月31日までが支給期間です。

高等学校等就学支援金

国公私立を問わず、年収要件を満たした世帯の生徒に対して、授業料を限度に就学支援金として助成金が支払われます。家庭環境によって高等学校に通うことができなくなる生徒を金銭面でフォローする制度です。

制度の利用には所得要件が定められています。制度設計が複雑なので、対象になるかどうかは行政機関への確認をおすすめします。

月あたりの支給限度額の目安は、以下の通りです。

  • 高等学校全日制:公立9,900円、私立9,900円
  • 高等学校定時制:公立2,700円、私立9,900円
  • 高等学校通信制:公立520円、私立9,900円
出典:文部科学省「支給期間 ・ 支給限度額一覧(令和2年4月以降)

奨学金を利用する

学費の負担を軽減するために、奨学金を利用する方法もあります。とくに利用者が多いのが、日本学生支援機構(JASSO)が提供している奨学金です。

JASSOの奨学金は給付型と貸与型に分けられます。また、貸与型も無利息の第一種、有利息の第二種があります。

奨学金については、奨学金の借り方|申請方法や審査基準・借りるときの注意点も参考にしてください。

教育費はFPに相談しながら計画的に準備しよう

子育てにかかるお金の捻出や、家計の改善に悩んだ場合は、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談する方法もあります。FPはお金のプロであり、例えば以下のような相談をすることができます。

  • 教育資金
  • 家計診断
  • 資産形成
  • 住宅購入
  • 年金
  • 相続・贈与

無料でのFP相談なら、マネードクターがおすすめです。

マネードクターは優秀なFPが数多く在籍し、相談者の状況に合わせて適切なアドバイスをしてくれます。将来的な収入と支出をまとめた「キャッシュフロー表」を無料で作成できるのも魅力です。マネードクターのFP相談は、こちらで詳しく紹介しています。

あわせて読みたい

FP相談がどんな感じか、具体的なアドバイスについて、『マネードクターにお金の悩み相談!口コミ評判通り?実際どうなの?』で詳しく紹介します。

まとめ

子育てにかかる費用は、年齢や子ども自身の進む道によって必要額が大きく変わります。この記事では0~21歳までを6段階に分け、どのような費用がかかるのか、ほかの年代と比較して支出総額はどうなるのかをまとめました。

子どもが成長するにつれ必要な費用も増えていきます。とくに大学進学時には大きな費用がかかるため、子どもがまだ小さいうちから長期的な計画を立てて資金を準備していくことが大切です。

家計簿をつけて無駄な出費を減らし、貯蓄用の口座を作るなど、できることから始めましょう。わからないことがあるのなら、お金の専門家であるFPへ相談する方法もあります。

キーワードで記事を検索