車の購入は何年ローンがおすすめ?金利や購入の流れ・ポイントを解説

執筆者:マネーFix 編集部

【監修】株式会社RKコンサルティング河合 克浩

一般企業、外資系金融機関を経て、現在はファイナンシャルプランナー(FP)として年間150件超のお金の相談に対応。難しく感じる経済やお金の話をわかりやすく説明することに定評がある。夢を実現するため相談者に寄り添い、人生が豊かになるサポートを心がけている。

現在の手持ち資金では購入できない車も、ローンを利用すれば手に入れることができます。しかし、ローンを組むには不安がある人もいるかもしれません。ローンにはデメリットもあるため、それらも踏まえて利用を検討しましょう。

この記事では、車のローンの選び方やメリット・デメリットのほか、さまざまな疑問について解説します。

車の購入はローンがおすすめ?

車のローンがおすすめかどうかは一概にはいえません。ローンにも一括払いにもそれぞれメリット・デメリットがあるからです。自分の状況と照らし合わせて、ベストな選択をしましょう。

車のローンのメリット・デメリット
メリット デメリット
・一度に大金を用意する必要がない
・超低金利なら一括払いと総支払額があまり変わらない
・総支払額が一括払いよりも高くなる
・毎月支払い続ける必要がある
・支払い完了まで自分のものにならない

ローンで購入するメリット

まずは、車をローンで購入するメリットについて見ていきましょう。

一度に大金を用意する必要がない

車をローンで購入する場合、まとまった資金がなくても構いません。現在の手持ち資金では買えそうもない車であっても、ローンを活用すれば手に入れることが可能です。

また、一度に大金を用意しなくてもよいので、現在の貯蓄を切り崩す必要もありません。生活費や将来のための備えとして確保しておきたい資金を残しておくことができます。ローンを組む際には頭金があった方がいいですが、頭金は多くても車両本体価格の3割程度です。

ローンによる借入金額には、車両本体価格だけではなく、車の購入に必要な手続きにかかる費用や保険料なども含めることができます。そのため、別途まとまった費用を負担する心配もありません。

超低金利なら一括と支払額がそんなに変わらない

ローンを組む際、基本的に金利が加算されるため、総支払額は一括払いよりも大きくなります。ただし、超低金利ローンでは総支払額を抑えることも可能です。

例えば、銀行のローンの場合、金利1%程度で借りられるケースもあり、キャンペーンによっては0.01%という超低金利でローンを利用できます。こうしたキャンペーンが行われる時期は金融機関や販売店によって異なるため、ローンを検討する際はあらかじめ調べておきましょう。

ローンで購入するデメリット

続いて、車をローンで購入するデメリットを見ていきましょう。

総支払額が一括払いより高くなる

車をローンで購入すると、金利が上乗せされるため、総支払額は一括払いよりも高くなります。

ローンの金利は、ローンの種類によって異なります。例えば、銀行ローンであれば1~4%、ディーラーローンは3~9%が金利の相場とされています。金利が高いほど総支払額が大きくなるため、ローンを選ぶうえで金利の高低も重要な基準です。

毎月支払い続ける必要がある

ローンを組んだら、毎月返済を続ける必要があります。たとえ無理のない返済計画を組んだつもりでも、毎月コストがかかることが精神的な負担になってしまうかもしれません。また、収入の減少や支出の増加によって、ローンの返済が厳しくなる可能性もあります。

ローンを滞納してしまうと、さまざまな悪影響があります。例えば、購入した車を取り上げられ売却されてしまったり、残債を一括請求されたりします。最悪の場合、信用情報機関のブラックリストに登録され、新たなローンの契約やクレジットカードの利用ができなくなる恐れがあります。

支払い完了まで自分のものにならない

銀行ローン以外のローンを利用して車を購入した場合、完済するまで車は自分のものになりません。返済中の車の所有権は、ローンの貸主にあります。

所有権がないため、ローンを返済するまでは車を売ることができません。さらには、売却代金をローンの残債に充てることも不可能です。

車のローンの選び方とポイント

車のローンの選び方とポイントは、以下の通りです。

  • 金利は低い方がよい
  • 毎月の維持費も考慮して月々の返済額を決める
  • 忙しいなら来店不要なネット完結ローンを選ぶ

金利は低いほうがよい

金利が低いと利息額が小さくなるため、ローンの返済負担が軽くなります。なるべく金利が低いマイカーローンを選びましょう。

ただし、金利が低いマイカーローンほど審査が厳しい傾向があるため、注意してください。

毎月の維持費も考慮して月々の返済額を決める

車を購入すると、維持費もかかります。ローンの借入額を決める際には、毎月の維持費も含めて無理なく支払い続けていけるかどうか検討しましょう。駐車場代やガソリン代がどれぐらい必要なのか、あらかじめシミュレーションしておくと安心です。

忙しいなら来店不要なネット完結ローンを選ぶ

マイカーローンの中には、来店不要なネット完結ローンもあります。ネット完結ローンは店舗に足を運ぶ必要がなく、気軽に審査が受けられます。忙しい人におすすめの方法です。

車のローンの種類

車のローンは主に5種類あります。種類とそれぞれの金利を、下表で確認してみましょう。

ローンの種類 金利
銀行のマイカーローン 1~4%程度と低め
ディーラーローン 3~9%とやや高め
自社ローン かからないことが多い
残価設定ローン 3~5%と低め
消費者金融のローン 3~18%とかなり高い

それぞれの特徴について解説します。

銀行のマイカーローン

金利:1~4%
特徴:金利が低い代わりに審査が厳しい

銀行のマイカーローンは、銀行などの金融機関から借りるカーローンのことです。

銀行のマイカーローンは、金利がほかのカーローンよりも低めに設定されていますが、審査は厳しめです。また、車両本体価格の20~30%程度の頭金が必須条件とされていたり、審査結果が出るまでに時間がかかったりすることがあります。

審査のハードルは高いですが、年収の高さや勤続年数の長さなど、審査に有利な条件が揃っている人ならまず選択肢に入ってくるローンといえます。

ディーラーローン

金利:3~9%
特徴:審査は比較的甘い

ディーラーローンとは、ディーラーが提携しているクレジットカード会社や信託会社、保証会社などが提供するカーローンのことです。

ディーラーローンの金利は3~9%と高めですが、その代わり審査が比較的甘く、銀行のマイカーローンの審査に落ちた人でも利用できる可能性があります。そのため、まずは銀行のマイカーローンに申し込んでみて、それがダメだった場合にディーラーローンを検討するのがおすすめです。

ディーラーローンでは、購入した車が担保となるため、ローンを完済するまでは車を売却できないのがデメリットです。また、車両のカスタマイズに関しても一定の制限がかかります。

審査が甘いとはいえ、収入が低かったり、過去に金融事故を起こしていたりするとローン審査の際にマイナス要因となるので注意してください。

自社ローン

金利:かからないことが多い
特徴:審査はかなり甘いが、欠点もいくつかある

自社ローンとは、主に中古車販売店が提供するローンのことです。ほかのマイカーローンのように資金を借り入れるのではなく、自動車販売店に車の代金を立て替えてもらい、分割返済していく仕組みです。

自社ローンは金融商品ではないため、金利が発生しないケースがあります。ただし、代わりに保証料や手数料がかかり、実質的な負担は金利がある場合と変わらないこともあるので注意してください。借入期間が1~2年と短かったり、上限額が低かったりするケースもあります。

自社ローンの審査は、 ディーラーローンよりもさらに甘い傾向にあります。自社ローンの審査は信販会社を通さずに販売店が独自の基準で行うため、年収が低かったり過去に金融事故を起こしていたりする人でも、ローンを利用できるチャンスがあります。

残価設定ローン

金利:3~5%
特徴:購入した車を下取りに出して乗り換えることを前提にローンが組まれる

残価設定ローンとは、購入する車を将来下取りに出して乗り換えることを前提に組むローンのことです。残価を設定することで借入額が小さくなるため、返済の負担はほかのローンと比べて軽く、金利も3~5%と低めに設定されています。

ただし、売却時に車の状態が悪く査定価格が下がった場合、差額を支払わなければなりません。また、車の売却を止めて乗り続けるなら、残価を支払う必要があります。走行距離やカスタマイズの制限も設けられているので、条件をしっかり理解したうえで利用するようにしてください。

消費者金融のローン

金利:3~18%
特徴:審査スピードが非常に早いが、総量規制の対象となる

消費者金融のローンとは、消費者金融が提供しているローンのことです。消費者金融のローンの最大の特徴は、審査スピードの速さ。最短即日で融資を受けられるので、すぐに資金が欲しい人に向いています。

審査も比較的甘いです。特に中小消費者金融は、大手とは異なり独自の審査を行っているため、 融通を利かせてくれることがあります。

ただし、消費者金融のローンは、金利が3~18%とかなり高めです。また、審査が甘いとはいえ、金融事故を起こしていたり、すでに多額の債務を抱えていたりする場合、なかなか審査に通りません。

さらに、総量規制(年収の3分の1以上の金額は借りられないという制限)の対象となるため、年収が低い、あるいはすでにほかの債務がある場合は借りられる金額が小さくなります。

マイカーローンを借りるならクラウドローンもおすすめ

引用:クラウドローン

クラウドローンとは、基本情報や希望条件を一度登録するだけで、条件に一致する複数の銀行からプランの提案を受けられるサービスです。

自分でローンを探す場合は、手続きに手間がかかったり、条件に合った借入先を見つけられなかったりする可能性があります。クラウドローンであれば、気軽に条件の良い銀行ローンを探すことができます。氏名や住所の登録も不要なので、プライバシー面でも安心です。


車のローンの返済方式

車のローンの返済方式には、以下の2種類があります。

  • 変動金利
  • 固定金利

変動金利

変動金利とは、金利相場の変動に応じて、適用金利が変動する金利タイプのことです。

適用金利は半年に一度見直されることが多いです。ただし、借入から5年間は適用金利の見直しはされません。短期間の借入の場合、返済の負担を小さくできない点に注意してください。

適用金利は、直前の返済額の最大1.25倍など、上限が設定されているのが一般的で、適用金利が上昇するリスクは抑えられています。また、変動金利は固定金利よりも適用金利が低くなる傾向があります。

固定金利

固定金利とは、金利相場の変動にかかわらず、借入時の金利が適用され続ける金利タイプのこと。固定金利には「全期間固定金利」「当初固定金利」の2種類があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

  • 全期間固定金利:借入時の金利が返済開始から終了まで固定される
  • 当初固定金利:金利の固定期間を2年、3年、5年などから選択できる

固定金利だと、 金利相場による変動の影響を受けないため、返済計画が崩れにくいです。ただし、変動金利よりも適用金利が高い傾向があります。

車のローンは頭金なしでも組むことができる

車のローンは、頭金なしでも組めますが、その場合は必要な資金をすべて借り入れる「フルローン」を組むことになります。頭金なしのローンに関して、メリットとデメリットを解説します。

頭金なしでローンを組むメリット

頭金なしでローンを組むメリットは、以下の通りです。

  • まとまった費用を貯める必要がない
    頭金なしでローンを組む場合、資金が貯まるまで車の購入を我慢する必要がありません。
  • 手元のお金がなくならない
    現在の貯蓄を切り崩さなくて済む点もメリットです。生活費や将来のための貯蓄も守れます。
  • ほかの支払いが圧迫しない
    車が欲しくなったタイミングで、ほかの大きな出費が発生してしまうことがあります。しかし、頭金を負担する必要がなければ、ほかの出費にも対応できるでしょう。

頭金なしでローンを組むデメリット

頭金なしでローンを組むデメリットは、以下の通りです。

  • 月々の支払いが多くなる
    頭金なしでローンを組むとそれだけ借入額が大きくなるため、月々の返済額も大きくなります。
  • ローンの審査が通りにくくなる
    ローンは、借入額が大きくなるほど審査のハードルが上がります。頭金なしでローンを組む場合は、借入額が大きくなるため、審査に通りにくくなるので注意してください。
  • 総返済額が増える
    借入額が大きくなると、それに比例して利息も大きくなり、総返済額が大きくなってしまいます。

まとめ

車のローンにはメリットもデメリットもあります。返済年数や頭金を用意するかどうかなど、適した方法はケースバイケースです。ローンを組む際は、現在の収支など各自の事情に合わせて比較検討してください。

キーワードで記事を検索