マイカーローンの審査基準とは|頭金の相場と支払時期もあわせて解説

執筆者:マネーFix 編集部

【監修】株式会社RKコンサルティング河合 克浩

一般企業、外資系金融機関を経て、現在はファイナンシャルプランナー(FP)として年間150件超のお金の相談に対応。難しく感じる経済やお金の話をわかりやすく説明することに定評がある。夢を実現するため相談者に寄り添い、人生が豊かになるサポートを心がけている。

「車を購入したいが、全額をすぐに用意するのは難しい」「一括で支払えるが、今後のことを考えて貯金を減らしたくない」など、マイカーローンを検討する理由はさまざまでしょう。

この記事では、マイカーローンの審査基準や審査を通りやすくするポイントを紹介します。マイカーローンを活用して新しく車を購入したい人は、ぜひ参考にしてください。

マイカーローンの審査基準

車の購入には大きな金額が動くため、ローンでの分割払いを選択する人が全体の3~4割とされています。しかし、マイカーローンについて詳しい内容を知らないという人も多いのではないでしょうか。

ローンを組む際には、申込者に返済能力があるのかが審査されます。マイカーローンの審査で重視される点は、以下の通りです。

  • 年収・勤続年数・雇用形態
  • 他社での借入と返済の状況
  • 信用情報

年収・勤続年数・雇用形態

マイカーローンの審査では、申込者が返済できる生活状況にあるかが重視されます。申込者の年収はもちろんのこと、勤続年数や雇用形態も判断材料になります。

毎月の収入が不安定なパートやアルバイトと、収入の安定している正社員を比較すると、後者の方が審査を通りやすい傾向にあります。

他社での借入と返済の状況

他社での借入や返済の状況も審査の対象です。住宅ローンの残債の有無や、高額品をローンで購入していないかなどがチェックされます。

新たにマイカーローンを組む際には、他社で組んだローン残債と合わせて返済できる金額なのか、生活を圧迫しないかといった点が審査基準になります。滞りなく返済している実績があれば、マイカーローンの審査でも有利に働くでしょう。

信用情報

過去のクレジットカードやキャッシング、携帯電話の支払い情報も審査の対象になります。支払いの遅延や滞納は、金融事故として記録が残っているため注意が必要です。

金融事故の記録は、永遠に消えないわけではありません。しかし、滞納してから5年間は残るといわれています。また、自己破産の場合は10年程記録が残ります。

金融事故の記録がある場合、審査に悪影響を及ぼす恐れがあることは知っておいてください。

マイカーローンの種類と審査の難易度

マイカーローンにはさまざまな種類があり、どこでローンを組むかによって審査の難易度が異なります。大きく分けると、以下の5種類です。下へいくほど金利が高くなる代わりに、審査がゆるやかになる傾向があります。

  • 銀行のマイカーローン
  • 労金・信金のローン
  • ディーラーローン
  • 販売店の自社ローン
  • 消費者金融のローン

銀行のマイカーローンは審査が厳しく、時間がかかる代わりに、金利が低くなります。しかし、安い金利でローンを組むためには、銀行が納得する条件を満たさなければなりません。

マイカーローンの審査は、厳しいイメージがありますが、実は審査基準が比較的緩い金融機関もあります。審査の甘いマイカーローンはどこ?車購入時の見分け方や審査のポイントで詳しく解説します。

マイカーローンに落ちる理由

マイカーローンの審査に落ちる場合、必ず理由があるので、原因を特定して対策しましょう。一般的に、審査に落ちる理由として考えられるのは、以下7点です。

  • 金額が大きすぎる
  • 車の価格が高すぎる
  • 勤続年数が短い
  • ほかに借入がある
  • 申し込んだローンの審査が厳しい
  • 申込み内容に虚偽がある
  • 信用情報に傷がある

マイカーローン審査に落ちた原因は?審査基準や再審査の対策の記事では、どのような理由で審査に落ちることがあるのか詳しく解説しています。

マイカーローンが通りやすくなるには

審査に落ちる理由をチェックしたら、次はローン審査が通りやすくなるための方法について知っておきましょう。以下6項目をクリアしていくことで、審査に通る可能性が高まります。

  • 頭金を用意する・増額する
  • 他社の借入を精算する・減らす
  • 保証人を立てる
  • 審査に有利なタイミングを狙う
  • ほかのローンを同時期に申し込まない
  • 審査直前・審査中に転職しない

頭金を用意する・増額する

マイカーローンに限らず、ローンを契約する際には、借入額が少ない方が審査に通りやすいです。頭金を用意すれば、借入額が減るため、審査が有利になります。生活に負担がかからない範囲で、頭金を用意するようにしましょう。

頭金を用意してもローン審査に通らない場合は、頭金の金額が少ない可能性も考えられます。頭金を増額することはできないか、いま一度検討してみてください。

他社の借入を精算する・減らす

ローンを組む際は、他社の借入状況も審査の対象になります。そのため、他社の借入を先に全額清算することができれば審査で有利に働きます。審査される金額は、他社のローンとこれから組もうとしているローンの合算なので、合計額が少ないほど印象が良くなるでしょう。

全額清算が難しい場合でも、少しでもローン残債が減るよう毎回の返済額を増やしてみてください。

保証人を立てる

保証人を立てることも、審査を通りやすくする方法です。

基本的に、マイカーローンの審査に保証人は不要で、成人している場合は保証人を求められるケースは少ないです。しかし、検討している車種と現在の経済状況を比較して、返済能力が足りていないのであれば、保証人を立てることで審査に通過できる可能性があります。

親族や配偶者に事情を説明し、保証人になってもらえないか相談してみましょう。ただし、保証人を立てる際にも条件があり、以下の項目を満たしている必要があります。

  • 成人している
  • 金融事故を起こしていない
  • 安定した収入がある

審査に有利なタイミングを狙う

過去にクレジットカードや携帯電話などの支払い遅延をしたことがあると、信用情報に記録が残っています。内容にもよりますが、記録は5年程度残るといわれています。

マイカーローンを申請する際には、信用情報が回復したタイミングで申請した方が、審査で有利に働きます。

ほかのローンを同時期に申し込まない

複数のローンを組むと、それだけローンの総額が増えます。審査の際には、現在組んでいるローンの総額によって判断されるため注意が必要です。

クレジットカードのキャッシング利用枠も、ローンの審査に影響を与えます。マイカーローンを申請する際には、キャッシングやリボ払いの利用も避けた方が賢明です。

審査直前・審査中に転職しない

マイカーローンを申請するタイミングも重要です。

例えば、転職を考えている場合は、転職時期には特に注意が必要です。勤務年数が長いほど印象が良くなるので、転職直後は勤務期間が短いと判断されて不利になるでしょう。ローンの申し込みは転職前に行うのがおすすめです。

心配ならまず仮審査

マイカーローンの審査に通るか心配なら、まずは仮審査をしてみるとよいでしょう。万が一落ちたとしても、仮審査は結果が残りません。いきなり本審査を受けるのが不安な人は、試してみてください。

ただし、仮審査に通れば、本審査にも必ず通るわけではありません。仮審査と本審査の違いは、下表の通りです。

仮審査 本審査
書類の提出 不要 運転免許証・見積書・源泉徴収票などを提出
必要日数 当日中~7営業日程 ローンの種類によって異なる。銀行だと約1~2週間
信用情報の確認 ローンの種類によって異なる あり
信用情報の履歴登録 審査を受けた履歴は残るが、結果は残らない 審査結果が残る

ローン頭金の支払い方法と支払いタイミング

ローンを組む際には、頭金を用意する方法と頭金なしでローンを組む方法とがあります。頭金を用意した方がローン審査では有利になるため、可能であれば用意した方がいいでしょう。

ここからは、頭金をどの程度用意すればよいか、支払い方法や支払いのタイミングについて解説します。

頭金の相場額

ローンの審査では、頭金を用意した方が有利にはたらきます。大切なのは頭金の相場ではなく、「年収や車両価格に対する割合」です。

マイカーローンの審査の際、年収に対する年間返済額の割合は25~35%程度が目安といわれています。

借入額を年収の3分の1と想定した場合、頭金を車両価格の30%用意すると、借入額と必要年収の目安は下表の通りです。

購入する車の価格 頭金 借入額 必要年収
50万円 15万円 35万円 105万円
100万円 30万円 70万円 210万円
150万円 45万円 105万円 315万円
200万円 60万円 140万円 420万円
250万円 75万円 175万円 525万円
300万円 90万円 210万円 630万円
350万円 105万円 245万円 735万円

支払総額は頭金を払うと減る

頭金を支払えば、支払い総額を減らすことが可能です。また、頭金を支払って借入額が小さくなれば、返済期間が短くなります。その結果、利息も減るため、支払総額が減ります。

しかし、具体的にどのくらいの頭金が必要なのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで車購入の頭金はいくら必要?月々の返済額・利子額のシミュレーションの記事で、頭金の目安や考え方について解説しています。

頭金の支払い方法とタイミング

次に、頭金の支払い方法とタイミングについて解説します。

頭金の支払い方法

頭金の支払い方法は、現金や振り込み、クレジットカード払いから選ぶことができます。車の販売店によって支払い方法が異なるため、確認しておきましょう。

ポイントを貯めたいからカードで支払いたいという場合は、支払予定の頭金が限度額を超えていないことや、万が一カードだけで支払えなかった場合に現金や振り込みとの併用が可能かという点について、販売店に確認しておくと安心です。

頭金の支払いタイミング

支払いの時期は明確に決まっていないものの、一般的には契約時に一部支払い、納車時に残額を支払うケースが多いです。販売店によっては納車時に全額支払うケースもあるので、事前に確認してください。

まとめ

マイカーローンは、どの金融機関を利用するかによって、審査の難易度が変わります。銀行のマイカーローンは金利が低い一方で審査基準は厳しく、消費者金融のローンは審査が甘い代わりに金利が高く、支払総額が大きくなります。

マイカーローンの審査に通るためには、現在の年収と購入する車の価格とのバランスを考慮してください。頭金を抜いた借入額が年収の3分の1程度に収まるのが理想的です。その範囲に収まるように頭金を貯めるか、購入する車のランクを下げるなどして調整しましょう。

キーワードで記事を検索