ファイナンシャルプランナーに家計相談するときの選び方の注意点やアドバイスの例を紹介!

執筆者:マネーFIX 編集部

終身雇用が崩れ、年功序列の賃金体系もなくなりつつある今、自分の力でお金を増やしていく必要があります。

結婚や住宅購入、老後など、イベントごとにどのくらいのお金が必要なのかをしっかり把握しておかないと、計画的にお金を貯めることはできません。

しかし、個人で正確にライフプランを作るのは難しいので、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーに相談する人が増えています。

今回はファイナンシャルプランナーについて詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

FPは家計のホームドクター

ファイナンシャルプランナーとは、「家計のホームドクター」ともいわれるお金の専門家です。

結婚や住宅購入、出産、子どもの教育、定年などさまざまなライフイベントがありますが、その都度、まとまったお金が必要になります。

そこで、資金繰りに困らないようにライフプランのアドバイスをするのがファイナンシャルプランナーの主な仕事です。

どんなことを相談できる?

お金の専門家といっても、得意分野は多岐にわたります。

ファイナンシャルプランナーに相談できる主な分野は、以下の通りです。

FPに相談できる分野
  • 家計管理、保険関連、資産運用、税金、不動産、事業継承や相続

具体的には、以下のような相談ができます。

  • 老後の資金が不安だけど・・・投資すべき?
  • 節約しているつもりなのに貯金が増えない
  • 子どもが生まれてから貯蓄が増えなくて不安
  • 住宅ローンと教育費用で生活が苦しい
  • 家計簿が上手くつけられない

ファイナンシャルプランナーは家計管理に関する相談を得意としています。

家計の見直しや家計簿の使い方などについてもアドバイスを受けられます。

ファイナンシャルプランナーには種類がある

一口にファイナンシャルプランナーといっても、人によって得意分野は大きく異なります。

資産運用が得意なファイナンシャルプランナーもいますし、保険や不動産、住宅ローンが得意な人もいますので、ファイナンシャルプランナーに相談する際は得意分野について確認しておくのがおすすめです。

また、 ファイナンシャルプランナーは資格が必要な職業ではありませんが、国家資格と民間資格がいくつかあります。

  • 国家資格:FP技能士 (1級から3級)
  • 民間資格:AFP、CFP

FP技能士やAFP CFPなどは、資格を保有していないと名乗ることができません。

一概に資格を持っているFPが優秀とは限りませんが、1つの目安になるでしょう。

また、ファイナンシャルプランナーの所属によっても、受けられるアドバイスの内容が変わってくることがあります。

ファイナンシャルプランナーの所属
  企業系FP 独立系FP
所属 保険会社や証券会社 FP事務所や個人事務所
メリット 最新の情報が入りやすい 顧客に寄り添ったアドバイスを受けられる
デメリット 自分に合っていない商品を売りつけられる可能性がある 担当者によってあたりはずれが大きい

企業系FPと独立系FPがありますが、それぞれ一長一短あるため相談を検討する際には注意してください。

家計の悩み相談例とFPによるアドバイスの例

ここでは、家計の悩みでよくある相談例と、ファイナンシャルプランナーによるアドバイス例について紹介します。

【相談例.1】教育資金を用意したい

まずは、教育資金を用意したいケースについて、相談とファイナンシャルプランナーの回答例を見ていきましょう。

  • Q.子どもの学費を計画的に貯めたいが、なかなか一定の金額を貯金できない。何か良い方法はないか?

    A.まずは固定費を見直しましょう。家賃や携帯、保険料などの固定費を見直すことによって、お子様の学費に充てられる可能性があります。

例えば、携帯を格安スマホにする、生命保険を見直して適切な内容にする、サブスクの見直しをする、などによって固定費を減らせる可能性があります。

そして、そのお金を貯蓄性終身保険や投資信託の自動積立を使って学費を貯めましょう。

貯蓄性終身保険とは、一定期間保険料を支払うと、途中解約しても元本以上のお金が戻ってくる仕組みの保険です。

相談者はこのようなアドバイスを受け、固定費の見直しをすることによって学費を計画的に貯められるようになりました。

【相談例.2】老後資金を準備したい

老後2,000万円問題に代表されるように、十分な老後資金を貯めることは多くの人が抱える深刻な課題です。

老後資金に関するよくある質問やファイナンシャルプランナーの回答例は以下の通りです。

  • Q.老後資金を貯めるための有効な方法を教えて欲しい。

    A.老後資金を有効に貯める方法はたくさんありますが、まずはiDeCoとつみたてNISA の利用を検討しましょう。

どちらも利益に対して税金がかかりません。iDeCoに関しては掛け金が所得控除になるため、毎年の所得税の節税にもなります。

この相談者は、早速iDeCoとつみたてNISAの利用を始め、計画的に老後資金を貯め始めました。

ファイナンシャルプランナーに家計相談する前の準備

ファイナンシャルプランナーの家計相談をより有益なものにするためには、事前準備をしっかりと行うことが大切です。

ファイナンシャルプランナーに相談する前に行うべき準備の代表例は、以下の通りです。

  1. 相談したい内容を明確にする
  2. 相談するファイナンシャルプランナーを見つける
  3. 家計簿や給与明細など経済状況がわかるものを用意する

それぞれについて、具体的に見ていきましょう。

相談したい内容を明確にする

ファイナンシャルプランナーに相談するなら、具体的にどんなことに悩んでいるのか、なぜ不安なのか明確にしておく必要があります。

なぜなら、相談内容によって選ぶべきファイナンシャルプランナーは違うからです。

例えば、資産運用や保険の相談を主にしたい場合は、資産運用や保険に強いファイナンシャルプランナーを選ぶ、あるいは不動産の相談をしたい場合は、その方面に強いファイナンシャルプランナーを選ぶのが賢明です。

あらかじめ相談内容を明確にしておくことによって、選ぶべきファイナンシャルプランナーが明確になるでしょう。

また、相談時にできるだけ多くの疑問を解決できるよう、相談内容はあらかじめスマホや紙に書き出しておき、聞く内容に優先度をつけておくと良いでしょう。

有料相談であれば、なおさら時間を有効に使いたいものです。

相談するFPを見つける

ファイナンシャルプランナーを選ぶ際には、インターネットなどでファイナンシャルプランナーの得意分野や実績を確認しましょう。

例えば、資産運用について主に相談したい場合は、金融商品に強い人といった具合に、具体的な相談目的によってファイナンシャルプランナーの選び方も変わってきます。

また、口コミサイトを利用して評判を確認しておくのも一つの方法です。

ただし、書き込んだ人の主観である点には注意してください。

家計簿や給与明細など経済状況のわかるものを用意する

家計簿や給料明細、住宅ローンの金利や残高など、経済状況がわかるものをあらかじめ用意しておくと、より具体的なアドバイスを受けられるでしょう。

現在の自分の状況をしっかり把握していないと、具体的なアドバイスを受けられない可能性もあります。

事前にしっかり準備しておきましょう。

ファイナンシャルプランナーに家計の悩みを相談するメリット

ファイナンシャルプランナーに家計の悩みを相談する主なメリットは以下の3つです。

  • 将来への不安が解消する
  • 自分の経済事情に沿った改善策がわかる
  • 知らずに損することを防げる

それぞれについて、具体的に見ていきましょう。

将来への不安が解消する

ファイナンシャルプランナーに相談することによって、将来の資産に関する不安を解消できる可能性があります。

ファイナンシャルプランナーは一人ひとりに合ったライフプランの策定・提案を行ってくれるからです。

将来どの程度のお金が必要なのかが明確になるだけでなく、お金を貯める方法についても教えてくれます。

将来必要なお金と、今するべきことが明確になれば、不必要に不安を感じることもなくなるでしょう。

自分の経済事情に沿った改善策がわかる

あらかじめ家計簿やローンの状況などを整理して伝えることによって、ファイナンシャルプランナーは自分の状況に合った改善策を提案してくれます。

一般的な改善策ではなく、相談者一人ひとりに合った改善策を作ってくれるのは、ファイナンシャルプランナーに相談をする大きなメリットといえるでしょう。

知らずに損することを防げる

ファイナンシャルプランナーは、最新の公的補助や投資情報を積極的に収集しています。

そのため、ファイナンシャルプランナーに相談することは、最新の情報を得る機会にもなります。

公的補助や投資に関する最新情報は自分でも収集できますが、今知るべき情報を総合的に入手するとなると、難しいものです。

また、情報の信憑性についてもしっかり確認する必要があります。

その点、ファイナンシャルプランナーは最新の情報を常に収集しており、必要な情報を取捨選択して、正確にわかりやすく説明してくれます。

これは、大きなメリットだといえるでしょう。

【調査データ】FPに相談したいと思った理由

ファイナンシャルプランナーに相談したいと思った理由について、アンケート結果をもとに紹介します。

「老後が心配だから」が圧倒的に多く、64.9%でした。

次いで、「資産運用の始め方を相談したかったから」が21.6%。「老後が心配だから」は、どの世代でも最も回答が多かったですが、年代が上がるほど割合が高い傾向にあります。

「資産運用の始め方を相談したかったから」については、40代以上が2割以上です。

「家計が苦しいから」では、20代で割合が高めでした。

また、「結婚したから」も同様に割合が高く、結婚を機に家計について考え始めたことが推測できます。

【調査データ】FP相談で不安に思うこと

ファイナンシャルプランナーに相談するにあたって不安に思うことでは、「相談料がいくらかわからない」が52%、次いで、「お金を払ってそれ以上のメリットをうけられるのかどうか」が40.5%という結果でした。

なお、3番目に多かった「提案された内容を断りづらい」については、20~40代で割合が高い傾向にあります。

FP相談はマネーFIXがおすすめ

ファイナンシャルプランナーに相談するなら、「マネーFIX」がおすすめです。

マネーFIXは、何度でも無料で相談でき、オンラインでの相談も可能。

保険の見直しや老後資金の相談などさまざまな相談に対応してくれるのもメリットです。

それぞれの分野に精通したファイナンシャルプランナーがいるので、安心して相談できます。

全国どこからでも相談ができますので、ファイナンシャルプランナーへの相談に興味がある人はマネーFIXに相談してみてはいかがでしょうか。


お金のプロに無料で相談してみませんか?

家計に関わるお金のこと色々調べたけど、
どこから手をつけていいかわからないという方へ

まとめ

今回は、ファイナンシャルプランナーについて詳しく解説しました。

ファイナンシャルプランナーはお金に関する専門家です。

人生を豊かに過ごすためにお金は不可欠。結婚や老後などライフステージごとに必要なお金をあらかじめ計画的に用意することは重要です。

ぜひ一度ファイナンシャルプランナーに相談して、豊かな人生を送るための手助けをしてみてください。

調査概要
  • 調査実施会社:株式会社ウェブクルー
  • 実施期間:2022年9月6日
  • 有効回答数:1007
  • 調査方法:インターネット調査(Surveroidを利用)
関連する記事