新NISAに興味がありますが「投資はやめたほうがよい」という声も聞きます。投資のリスクにはどのように備えればよいですか?

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

新NISAの開始に伴い、昨年後半からNISA口座の開設が増加しています。

いざ投資を始めようと思っても、さまざまな疑問をかかえている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「MoneyFix LINE公式アカウントの友だち」から寄せられた「投資に関する悩み」に答えます。

第2弾では「どのくらいの期間投資するのがよいか?」という疑問に回答しました。

第3弾は「投資のリスクにはどのように備えればよい?」です。

長期・分散投資をしている人が多数派


 MoneyFixが実施した「投資に関するアンケート」によると、「投資のリスクにどのように備えているか」については、「投資対象を分散している」(60.8%)が最も多く、「余裕資金で投資をしている」(50.9%)、「長い期間で投資をしている」(48.5%)と続きました。

余剰資金での投資や、長期・分散投資をしている人が多いことがわかります。

投資のリスクには「長期・積立・分散」で備える

投資のリスクに備えるには、「長期・積立・分散」が基本です。

各内容について、解説します。

長期投資

長期投資は、資産を長期間にわたって保有することです。

長い期間保有することで、市場の短期的な変動に左右されにくくなります。
 
出典:金融庁「はじめてみよう!NISA早わかりガイドブック」

金融庁の資料によると、投資期間が長いほど、元本割れのリスクが低いことがわかります。

詳しくは、こちらの記事「【誰でもわかるNISA解説】第7回:長期投資って何?」も参考にしてください。

積立投資

積立投資は、毎月同じ金額を投資することです。

例えば、手元に30万円あるとしたら、一度に30万円分を投資するのではなく、月1万円ずつ30ヵ月かけて投資をするイメージです。

積立投資のメリットは「購入単価が平準化される点」です。
 
例えば、毎月1万円ずつ積立投資するのと、一度に6万円分投資するのでは、積立投資の方が6ヵ月後の平均購入単価が安くなる可能性があります。

一括で投資をすると、「あんなに高いときに買わなければよかった」「いつ売れば損しないだろう」と、神経をすり減らす可能性があります。

一方、積立投資の場合、そのような心配はないため、心穏やかに過ごせるでしょう。

詳しくは、こちらの記事「【誰でもわかるNISA解説】第8回:積立投資って何?」も参考にしてください。

分散投資

分散投資は、さまざまな投資先に資金を分散させることです。

投資先を分散させることで、特定の資産価値が落ちても、ほかの資産でカバーすることができるようになります。

例えば、A社に30万円投資する場合、A社の株が上がれば利益が得られますが、株価が下がれば資産は減少します。

分散して、A・B・C社の3社に投資した場合、仮にA社の株価が下がっても、B・C社の株が上がれば、資産総額の減少を防げるかもしれません。

単体で投資をするより、利益は少なくなりますが、リスクも抑えることができます。

詳しくは、こちらの記事「【誰でもわかるNISA解説】第9回:分散投資って何?」も参考にしてください。

新NISAの「つみたて投資枠」がおすすめの理由

新NISAのつみたて投資枠で購入できる商品は、「長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託」に限られています。

金融庁が適当と認めた商品しかラインナップしていないため、リスクは低いと考えられます。

リスクがゼロではありませんが、投資先を分散し、長期的に運用するなどの対策をすることで、比較的安定的な資産形成ができるでしょう。

以下の記事では、NISA口座開設におすすめの証券会社について紹介しています。

おすすめの証券会社を投資初心者におすすめの証券会社をランキング形式で紹介!ネット証券を利用するメリットも解説で紹介しています。

調査概要
  • 投資に関するアンケート
  • 【調査実施会社】株式会社ウェブクルー
  • 【調査期間】2023年12月4日(月)~2023年12月10日(日)
  • 【調査方法】MoneyFixのLINE公式アカウントでのアンケート
  • 【調査人数】816人
出典
  • 金融庁「はじめてみよう!NISA早わかりガイドブック」

キーワードで記事を検索