1世帯7万円と10万円の給付金はいつ支給?2月頃を目途に「お知らせ」を順次発送。支給が始まっている自治体も

執筆者:川辺 拓也

【記事執筆】FP川辺 拓也

3,000人を超える顧客からの相談実績をもとに、社会保障制度や家計に必要な金融知識を分かりやすく提供。2級ファイナンシャルプランニング技能士。金融全般から、お金に関する政策まで幅広く専門領域があり、複数の金融メディアに多数寄稿。

2023年11月、政府は、新たな経済対策として低所得世帯を対象とした給付金を支給することを発表しました。

それを受けて、各自治体で給付金の申請手続きが始まっています。

この記事では、給付金の対象となる世帯や給付金の支給スケジュールについて解説します。

給付金の対象世帯

低所得世帯への給付金は、以下の2通りです。

  • 住民税非課税世帯:7万円を給付(給付済の3万円と合わせて10万円)
  • 住民税均等割のみ課税の世帯:10万円を給付

1世帯7万円の給付金は、所得税と住民税がいずれも非課税の世帯が対象です。

2023年に支給された給付金3万円とあわせて、1世帯あたり10万円が支給されます。

また、所得税が非課税世帯で、住民税均等割が課税の世帯は、1世帯あたり10万円が支給されます。

各自治体の申請期限と給付スケジュール

今回の給付金は、自治体ごとに申請期限や支給時期が異なります。

いくつかの自治体を例に、申請期限や支給時期を確認してみましょう。

神奈川県横浜市

横浜市では、「支給のお知らせ」が1月26日から順次発送されます。

2023年に1世帯3万円の給付金を受け取っている世帯は、申請手続きが不要です。

2月28日から、「支給のお知らせ」に記載された口座に、順次振り込みが開始されます。

上記以外の世帯については、確認書や申請書の提出が必要になります。

確認書や申請書の提出期間は、2024年2月1日から5月1日です。

給付金の申請手続きをすると、約1ヵ月で給付金が振り込まれます。

1世帯10万円の給付については、1月4日時点で公表されていません。

詳細が確定次第、Webサイトで公開される予定です。

埼玉県さいたま市

さいたま市では、「お知らせ」が2月上旬から順次発送されます。

給付金10万円の対象世帯については、2月下旬から順次発送されます。

申請方法や期日等の情報は、1月4日時点では公表されていません。

詳細が確定次第、Webサイトで公開される予定です。

東京都江戸川区

江戸川区では、1世帯7万円の給付金が対象となる世帯に対して、12月下旬から「お知らせ」の発送と給付が行われています。

2023年に1世帯3万円の給付金を受け取っている世帯は、申請手続きが不要です。

「お知らせ」に記載された口座に、給付金が振り込まれます。

上記以外の世帯については、確認書や申請書の提出が必要になります。

確認書や申請書の提出期日は、2024年3月31日です。

また、1世帯10万円の支給については、2月の早い時期から支給ができるように準備が進められています。

詳細が確定次第、Webサイトで公開される予定です。

1世帯7万円の給付金については、2月頃までに「お知らせ」が発送されるケースが多いようです。

各自治体のWebサイトで確認してください。

1世帯10万円の給付金については、基本的に2月以降の支給を予定しています。

まだ情報が公開されていない自治体も多いので、情報が公開されるのを待ちましょう。

あわせて読みたい

2024年の国が用意している公的な補助については、『国からもらえるお金一覧!申請すればもらえる給付金・補助金』で詳しく解説しています。

キーワードで記事を検索