※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

9割の人が「年収300万円はやばい」と感じている。年収の中央値は350万円という実態も

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

キャリア・転職メディア「ミチサガシ」の調査によると、約9割の人が「年収300万円はやばい」と感じているようです。

年収300万円は本当にやばいのでしょうか?

この記事では、年収に関する調査結果や、住民税非課税世帯の基準から、年収300万円がどういう金額なのかについて解説します。

「年収300万円がやばい」と感じる理由

キャリア・転職メディア「ミチサガシ」が、500名を対象に「年収300万円がやばいと感じる理由に関するアンケート」を実施しました。

出典:ミチサガシ「年収300万円がやばいと感じる理由に関するアンケート」 

年収300万円で「やばい」と感じるかについては、89.2%の人が「感じる」と回答しています。

「貯蓄ができない」「気軽に出費ができない」という理由が多く挙げられていました。

一方、「年収300万円もあれば十分生活はできる」「工夫をすれば娯楽に回すお金も確保できる」といったポジティブな意見も見られました。

年収300万円はやばいのか? 

年収300万円は「やばい」のでしょうか。

調査データや、住民税が非課税となる基準から考えてみましょう。

年収の中央値は350万円


出典:パーソナルキャリア「正社員の年収中央値2022」

転職サービスdodaが公表した「正社員の年収中央値2022」によると、年収の平均値は403万円、中央値は350万円でした。

男女別に見ると、男性の年収の中央値は400万円、女性の年収の中央値は303万円でした。

年収300万円は、全体の中央値よりやや低く、女性の年収の中央値に近いということがわかります。

4人世帯の住民税非課税基準は255万円

次に、住民税の納税義務が免除される「住民税非課税世帯」の年収と比べてみましょう。

住民税が非課税となる年収は以下のようになります。

  • 独身:年収100万円以下
  • 夫婦(片働き)と子ども1人の3人世帯:年収205万円以下
  • 夫婦(片働き)と子ども2人の4人世帯:年収255万円以下

年収300万円は、4人世帯の住民税が非課税となる基準を上回っていることがわかりました。

年収300万円は、住民税が非課税となる基準は上回っているものの、正社員の年収の中央値を見るとやや所得が低いグループに分類されるようです。

「やばい」と感じる基準は人によって異なりますが、1つの目安になるのではないでしょうか。

年収300万円でやばいと感じている人は、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談し、家計の見直しをするのもおすすめです。

こちらの記事「ファイナンシャルプランナーに家計相談|あなたの家計を改善するための方法」も参考にしてみてください。

出典

キーワードで記事を検索