社会人の学び直しの補助金はいつから?転職で最大56万円支援。2023年度中に支援事業がスタート

執筆者:川辺 拓也

【記事執筆】FP川辺 拓也

3,000人を超える顧客からの相談実績をもとに、社会保障制度や家計に必要な金融知識を分かりやすく提供。2級ファイナンシャルプランニング技能士。金融全般から、お金に関する政策まで幅広く専門領域があり、複数の金融メディアに多数寄稿。

政府は、社会人の学び直しから転職までを支援する政策を発表しました。

政府は年功序列や終身雇用といった日本型雇用からの転換を目指しており、学び直しによる労働者の能力向上がねらいです。

具体的には、どのような支援がいつからはじまるのでしょうか。

政府が支援する新しい学び直しの制度について解説します。

新たな学び直しの支援制度

政府の学び直し(リスキリング)の支援策は、以下の項目をサポートする制度です。

  • キャリアコンサルタントの資格を持った専門家に相談可能
  • 民間が運営する講座が受講可能(最大で1年間)
  • 学び直しから転職までの支援で1人あたり最大56万円を補助

学び直しの対象となる人は転職を希望する正社員、契約社員や派遣社員、パートタイマー、アルバイトが対象となります。

自営業者や個人事業主は対象になりません。

「キャリア相談」「リスキリング提供」「転職支援」「フォローアップ」の支援を受けることができます。
 
出典:経済産業省「令和4年度補正予算 リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業費補助金」

キャリア相談対応

キャリアコンサルタント等の国家資格を持つ専門家に相談ができ、転職に必要なスキルや職探しの支援を受けることができます。

リスキリング提供

講座の分野は、プログラミングやビジネススキルのほか、医療・介護に関する内容や、Webデザインや動画編集などがあります。

ただし、趣味や教養を目的とした学びは対象外になります。

リスキリングの提供を受けるための要件は、以下の通りです。

  • 職業との関連が明確な学びであること
  • 受講期間が12ヵ月を超えないこと
  • 受講時間が15時間以上であること

転職支援

リスキリングに関する講座の受講が完了すると、受講内容を踏まえて、ほかの企業への転職や派遣先での正社員化をサポートしてくれます。

フォローアップ

リスキリングの支援を受けた人は、1年かけてフォローアップ支援が受けられます。

フォローアップの内容は、以下の2点です。

  • 転職後1年間、転職先での就業を維持する取り組み
  • 転職の1年後、転職前と比べて賃金を上昇させる取り組み

リスキリングの講座を受けて転職し、1年以上転職先に在籍すると、キャリア相談や講座受講にかかった費用の一部が補助されます。

支援金額は最大56万円で、平均24万円になる見通しです。

学び直しの支援はいつから始まる?

経済産業省は近く詳細を発表し、2023年度中に実施する見通しです。

この支援事業が2023年度中に実施された場合、個人への支援期間は2025年3月31日までとなります。

またフォローアップの期間も含めると、2026年3月31日が事業完了日となります。

政府は、個人のスキルを向上させて、雇用の流動性を高めようとしています。

今後3年間で、計約33万人の転職を後押しするねらいです。

リスキリングはキャリアアップにつながる可能性がありますが、実際の転職活動では年齢条件や実際の経験も問われることがほとんどです。

リスキリングによる転職が、どこまでスムーズに進むのか注目が集まります。

出典
  • 経済産業省「令和4年度補正予算 リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業費補助金」

キーワードで記事を検索