フコク生命の学資保険『みらいのつばさ』ってどんな保険?シミュレーションで徹底調査!

執筆者:マネーFIX 編集部

学資保険について調べていて、フコク生命が販売している学資保険『みらいのつばさ』が気になった人はいませんか?

『みらいのつばさ』は還元率が高く、祝い金や満期保険金の受け取り方が2種類のみのシンプルな学資保険です。

この記事では、『みらいのつばさ』の商品内容や、受け取り方、具体的な保険料のシミュレーションをまとめています。

保険料や受取額など、『みらいのつばさ』の具体的な内容を知りたい人に役に立つ内容です。

フコク生命ってどんな保険会社?

フコク生命(富国生命保険相互会社)は、相互会社として、創業99年の歴史ある保険会社です。

生命保険会社の健全性を示す指標であるソルベンシー・マージン比率は1,234.2%(2021年度末)。

同指標は200%あれば健全性を満たしているとされているため、十分な支払い余力を持っていることになります。

また、フコク生命は会社の利益の一部を契約者に還元する、配当金に力を入れており2021年度決算にて、10期連続で個人配当の増配を行っています。

お客さまと保険の悩みや相談に応える、同社の「お客さまアドバイザー」の在籍数は全国で約1万人(2021年9月30日時点)。

各地できめ細やかなサービスを展開しています。

フコク生命の学資保険『みらいのつばさ』ってどんな保険?

フコク生命の学資保険『みらいのつばさ』は、選択肢が多い柔軟な設計が特徴です。

祝い金受け取り年齢や保険料の払込期間が選択でき、さらに祝い金の据え置きや受取年齢の繰り上げなどもできます。

『みらいのつばさ』の基本情報
保険名 みらいのつばさ(5年ごと配当付き学資保険)
返戻率※1) ・S(ステップ)型:約104.7%
・J(ジャンプ)型:約105.5%
加入条件 ・子どもの年齢:0~7歳まで
保険金の受け取り方 ・S(ステップ)型:3・6・12・15・18・20・22歳
・J(ジャンプ)型:18・22歳
払い込み方法 払い込み経路:口座振替、保険会社への送金
払い込み方法:月払い・半年払い・年払い
払込期間 11歳、14歳、17歳
満期 22歳
払い込み免除保障 ・契約者が死亡した場合
・契約者が高度障害状態となった場合
・契約者が不慮の事故により、所定の障害状態となった場合

※1)保険会社の公式ホームページで掲載している一例

『みらいのつばさ』の特徴は以下の三つです。

満期時点での返戻金の高さで選ぶ

おすすめの学資保険!

2種類の受け取り方法×3種類の払込期間

受け取り方法 払込期間
S(ステップ)型 11歳
14歳
17歳
J(ジャンプ)型 11歳
14歳
17歳

『みらいのつばさ』は、S(ステップ)型とJ(ジャンプ)型の二つの受け取り方法があり、違いは以下の通りです。

  • S(ステップ)型:幼稚園、小学校、中学校など入学、進学にかかる費用を総合的に準備できるプラン
  • J(ジャンプ)型:大学の進学時に必要な教育資金に重点を置いたプラン

S(ステップ)型とJ(ジャンプ)型の払込期間は11歳、14歳、17歳の3種類から選ぶことができます。

子どもがまだ小さく教育費の負担も少ない時期に払い込みを完了したい場合は、11歳や14歳までを払い込み期間に設定するとよいでしょう。

月々の保険料をなるべく抑えたい場合は、17歳までを払込期間に設定します。

学資保険の多くは、18歳を満期あるいは払込期間としています。

その点、『みらいのつばさ』の払込期間は、早めに設定されており、さらに払い込み期間の選択肢が多いのが特徴です。

保険料の払込期間を早めることで、子どもの教育費の負担がピークになる前に保険料の支払いが終わる上、返戻率が高くなるメリットもあります。

祝い金の据え置きが可能(ステップ型)

S(ステップ)型は、入園前や入学前に祝い金を受け取ることができます。

進学のたびにかかる出費を軽減したい場合には、S(ステップ)型を選ぶと良いでしょう。

また、祝い金を受け取らずに据え置きをすれば、年利0.02%(令和4年7月時点)の利息が付きます。

途中の祝い金が不要になった場合は、無理に受け取らずに据え置きしてまとめて受け取ることができるのです。

一方、J(ジャンプ)型のほうは、最も教育費の負担が大きい大学進学の際に、まとまった祝い金を受け取ることができます。

返戻率が高い

『みらいのつばさ』は、払込期間が最短11歳(S(ステップ)型)と短く、その分返戻率が高いという特徴があります。

返戻率とは、払い込んだ保険料に対して、受け取れるお金の割合のことです。

例えば、払った保険料の総額が200万円で、学資保険の祝い金や満期金の受取金総額が210万円の場合、

{210万円(受け取った金額)÷200万円(払った保険料の総額)}×100=105%、つまり返戻率は105%になります。

『みらいのつばさ』の目安は、S(ステップ)型が約104.7%、J(ジャンプ)型が約105.5%です。

J(ジャンプ)型は、祝い金を大学進学前、満期保険金を22歳で受け取るタイプです。

S(ステップ型)に比べると返戻率が高く、保険料も安いのが特徴です。より貯蓄性の高いプランと言えます。

兄弟割引がある

すでに兄弟姉妹が『みらいのつばさ』に加入していて、2人目の子どもが新たに『みらいのつばさ』に加入すると、2人目の子どもの保険料に兄弟割引が適用され、保険料が割安になります。

兄弟割引は、新たに加入する子どもの兄弟姉妹がすでに加入しており、契約者が同じ場合に適用されます。

兄弟割引の割引額は、払い込み方法によって異なりますが、月払いであれば満期保険金額10万円ごとに、月10円が割り引きになります。

『みらいのつばさ』S(ステップ)型の保険料シミュレーション

S(ステップ)型は、子どもが3・6・12・15・18・20歳のときに、それぞれ祝い金が受け取れます。

また、22歳になると満期保険金が受け取れます。

S(ステップ)型は、小学校や中学校、高校などに進学する準備資金を総合的に準備するためのプランといえるでしょう。

S(ステップ)型の祝い金・満期保険金

S(ステップ)型の祝い金、満期保険金の受け取り方のイメージを見ていきましょう。

祝い金は、満期保険金額によって異なります。

また、満期保険金額は、80万・100万・150万・200万・250万・300万円から選べます。

受け取り時期 祝い金・満期保険金
(100万円の場合)
祝い金・満期保険金
(200万円の場合)
祝い金・満期保険金
(300万円の場合)
3歳:幼稚園入学時(5%) 5万円 10万円 15万円
6 歳:小学校入学(5%) 5万円 10万円 15万円
12歳:中学校入学(10%) 10万円 20万円 30万円
15歳:高校入学(10%) 10万円 20万円 30万円
18歳:大学入学(70%) 70万円 140万円 210万円
20歳:成人祝い金(10%) 10万円 20万円 30万円
22歳:満期保険金 100万円 200万円 300万円

S(ステップ)型の保険料シミュレーション

次に、S(ステップ)型の保険料の目安を紹介します。

保険料は子どもの年齢が高くなるにつれて上がります。

また、契約者は、母親より父親のほうが、保険料は高くなる傾向があります。

シミュレーション条件
  • 契約者:父親
  • 契約者の年齢:30歳
  • 子どもの年齢:0歳
  • 満期保険金額:100万円
保険料シミュレーション
払込期間11歳 払込期間14歳 払込期間17歳
通常 兄弟割引 通常 兄弟割引 通常 兄弟割引
毎月の払込保険料 15,186円 -100円 12,131円 -100円 10,170円 -100円
払込保険料総額 2,004,552円 -13,200円 2,038,008円 -16,800円 2,074,680円 -20,400円
受取金額 2,100,000円 2,100,000円 2,100,000円 2,100,000円 2,100,000円 2,100,000円
返戻率 104.7% 105.4% 103.0% 103.7% 101.2% 102.2%

『みらいのつばさ』J(ジャンプ)型の保険料シミュレーション

J(ジャンプ)型は18歳のときに祝い金、22歳のときに満期保険金が受け取れるので、大学進学のための教育資金を備えたい人に向いています。

J(ジャンプ)型の祝い金・満期保険金

J(ジャンプ)型の祝い金や満期保険金は、満期保険金額によって異なります。

満期保険金額は、80万・100万・150万・200万・250万・300万円から選べます。

受け取り時期 祝い金・満期保険金
(100万円の場合)
祝い金・満期保険金
(200万円の場合)
祝い金・満期保険金
(300万円の場合)
18歳:大学入学(100%) 100万円 200万円 300万円
22歳:満期保険金 100万円 200万円 300万円

J(ジャンプ)型の払込料

J(ジャンプ)型も、子どもの年齢が高くなるほど保険料は上がります。

また、同じ年齢なら、契約者は母親にしたほうが父親よりも保険料は安くなる点もS(ステップ)型と同様です。

シミュレーション条件
  • 契約者:父親
  • 契約者の年齢:30歳
  • 子どもの年齢:0歳
  • 満期保険金額:100万円
保険料シミュレーション
払込期間11歳 払込期間14歳 払込期間17歳
通常 兄弟割引 通常 兄弟割引 通常 兄弟割引
毎月の払込保険料 14,354円 -100円 11,467円 -100円 9,614円 -100円
払込保険料総額 1,894,728円 -13,200円 1,926,456円 -16,800円 1,961,256円 -20,400円
受取金額 2,000,000円 2,000,000円 2,000,000円 2,000,000円 2,000,000円 2,000,000円
返戻率 105.5% 106.2% 103.8% 104.7% 101.9% 102.9%

『みらいのつばさ』の口コミ・評判をチェック!

『みらいのつばさ』の口コミについて、良いもの、悪いものそれぞれまとめてみました。

比較検討する上で参考にしてください。

『みらいのつばさ』の悪い口コミ

まずは、『みらいのつばさ』の悪い口コミから紹介します。

27歳・男性・会社員/技術系・既婚

少し費用が高いところです。
将来的に返戻率を考えると、しょうがないかなと思えるところはあるのですが、家計への負担は多少なりとも免れません。
しかし他のサービスが他社の学資保険のどの商品よりも確実に秀でているので、こちらが我慢できる範囲ではあります。

28歳・女性・パートアルバイト・未婚

満期金が降りるのが子供が22歳。
もう少し前にお金が欲しい気がするのですが、大丈夫なのでしょうか?

S(ステップ)型であれば、祝い金の据え置きなどもできて早い時点でまとまった金額を受け取ることもできます。

また、J(ジャンプ)型は、大学進学前にまとまった祝い金を受け取ることができます。

2つ目の意見では、こういった商品内容を理解できていない可能性があります。

祝い金の受け取り方や満期保険金をいつもらうかを、十分に考えて商品選びをしましょう。

『みらいのつばさ』の良い口コミ

次に良い口コミを紹介します。

37歳・女性・パートアルバイト・既婚

当時この学資保険に加入した際に、他社の学資保険や学資保険の代わりとして貯蓄を増やせるような資産運用も検討しましたが、どれも条件に当てはまらず、こちらの保険は自分の考えに当てはまったのでよかった。
(戻り率が他社より高いことお祝い金が出る、そしてそれを受け取らずプールすることができ、かつそこにも利息がつくなど)

27歳・男性・会社員/技術系・既婚

加入した理由は、担当者さんが丁寧に対応してくれたためです。
後に支払いをする上で、掛金の相談や引き出しのタイミングなど、相談することがたくさん出てくると思います。
その際に、馬の合わない担当者さんだと、こちらが疲れてしまうので、労力を使うことになってしまいます。
その点、丁寧な対応をしてもらえると、加入後もアフターフォローをしてくれるのでそこが決め手でした。

返戻率に満足しており、訪問した営業担当に対しての評価も高いコメントが見受けられます。

また、S(ステップ)型の入園や入学前に祝い金が受け取れること、据え置きで利息が付くといった点についても満足度が高いようです。

クチコミの調査概要
  • 調査実施会社:株式会社ウェブクルー
  • 実施期間:2022年6月18日~6月24日
  • 有効回答数:4件
  • 調査方法:「保険スクエアbang! 生命保険」の利用者に対するメールによるアンケート
  • 調査実施会社:株式会社ウェブクルー
  • 実施期間:2022年6月24日~7月8日
  • 有効回答数:13件
  • 調査方法:インターネットによる調査

まとめ

フコク生命の学資保険『みらいのつばさ』は、S(ステップ)型と、J(ジャンプ)型の二つの受け取り方が選べます。

また、祝い金の据え置きができる、返戻率が高い、兄弟割引といった特徴があります。

子育て中の急な出費にも柔軟に備えるか、大学進学の資金に絞って長期的に貯蓄するか、といった方針によって、それぞれS(ステップ)型、J(ジャンプ)型が適しています。

すぐ先の経済状態から将来の資産計画まで踏まえて、商品を選ぶのが理想的です。

そのため、FPなどに相談をして、ライフプランと併せて相談することをおすすめします。

子育てや仕事で忙しい人は、オンライン相談なども活用してみましょう。

満期時点での返戻金の高さで選ぶ

おすすめの学資保険!
関連する記事