※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

車を持たない方が賢い?車の維持費を貯めたら30年後に6000万円になるかも

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

インフレが進む中、家計の負担の1つになっているのが車の維持費です。

ガソリン代も高止まりしており、車にかかるお金は切実な課題です。

もし、車を持たない生活にすれば、固定費が節約できるうえ、家計に余裕が生まれるでしょう。

この記事では、車を持たないことで得られるメリットについて解説します。

車を持たない生活のメリット

車を持たない生活の最大のメリットは、コストの削減です。

車の購入費用や維持費を節約できるため、その分のお金を別のことに使えます。

例えば、貯金や投資に回したり、家計の足しにしたり、使い道は多岐にわたります。

車の維持費は家計の中でも高額な支出にあたるため、長期的に見れば、車を持たない生活は経済的に賢い選択といえるでしょう。

また、車を持つことで発生していたストレスやリスクも、車なし生活によって軽減されます。

例えば、交通事故を起こすリスクや故障のリスクがなくなります。

都市部で起こりがちな渋滞や駐車場を探すストレスもなくなり、車のメンテナンスにかかる時間や労力も省けます。

さらに、車を運転する時間がなくなるため、移動時間を有効活用できます。

公共交通機関で移動中に本を読んだり、仕事をしたりと時間を有効に使うことで、生活の質の向上も期待できるでしょう。

車を持たない生活は、健康面においてもメリットが多いです。

車で移動する代わりに徒歩や自転車での移動が増えるため、日常的に運動する習慣が身につきます。

これにより、体力や免疫力のアップ、ストレス解消、肥満予防など、さまざまな効果が期待できます。

車を持たないことでお金が貯まる理由

車を持たない生活にすると、車にかかる費用が節約できるため、お金が貯まる家計に近づきます。

車にかかる費用には、主に以下のものが挙げられます。

※1:一般社団法人日本自動車工業会「2023年度乗用車市場動向調査」を元に平均購入価格264万円、平均保有期間7年で計算
※2:損害保険料率算出機構「自動車保険の概況2023年度」を元に自家用乗用車の保険料を台数で割って計算
※3:普通車(総排気量1.5L、重量1.5t)で自動車税・重量税・自賠責を計算
※4:燃費性能20km/L、ガソリン174円/Lで計算

車の種類や地域によって異なりますが、節約できる金額は平均月6万円です。

年間72万円、20年間だと1440万円にもなる金額です。

仮にその6万円をNISAで毎月積立投資した場合、20年後には2772万円、30年後には6000万円を超える資産形成が期待できます。(年率6%を想定)
 

出典:金融庁「つみたてシミュレーター」

さらに、車の売却費用を貯金したり、投資に回したりすれば、数十年後には大きなお金になることが期待できます。

このように、車を持たない生活を選ぶことで、経済的な自由や豊かな生活に近づけるかもしれません。

車の維持費に悩みを抱えている人は、車を持たない生活のメリットについて考えてみてはいかがでしょうか。

車を手放すことを検討している人は、「ズバット車買取比較」などの車買取比較サービスの利用をおすすめします。

これらのサービスを利用すれば、車を手放す際の手続きがスムーズに進み、より高い金額で車を売却できる可能性があります。

また、故障車や事故車であっても、買い取ってもらえる可能性があります。

故障車や事故車の査定をしてみたい場合は、「廃車ツヨシ!」などの廃車買取専門サイトを利用してみてください。

無料一括査定で愛車の査定額を比較!

出典
  • 金融庁「つみたてシミュレーター」

キーワードで記事を検索