※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

投資をする際に、NISAは活用した方がいいですか?

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

新NISAの開始に伴い、昨年後半からNISA口座の開設が増加しています。

いざ投資を始めようと思っても、さまざまな疑問をかかえている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「MoneyFix LINE公式アカウントの友だち」から寄せられた「投資に関する悩み」に答えます。

第4弾では「最初は何の投資をするべきですか?」という疑問に回答しました。

第5弾は「NISAは利用した方がよい?」です。

NISAを利用している人は84%



MoneyFixが実施した「投資に関するアンケート」によると、「NISAやiDeCoを利用しているか」については、「NISAのみ利用している」(54.7%)が最も多く、「両方利用している」(29.3%)と続きました。

投資をしている8割以上の人が、NISAを利用しているという結果でした。

NISAを活用した投資と通常の投資の違い

NISAとは、国が個人の資産運用を後押しするために作った税制優遇制度です。

通常、投資で得た利益には約20%の税金がかかります。

例えば、100万円の利益が出た場合は約20万円を税金として納めることになります。

しかし、新NISA制度を活用すれば、投資で得た利益が非課税になります(上限あり)。

2024年1月から始まった新NISAでは、「つみたて投資枠」と「成長投資枠」を合わせて、1800万円まで非課税で保有することができます。

非課税保有期間も無期限のため、特に長期的な資産形成を目指す人に適しています。

NISAで利用できない投資もある

「投資信託」や「株式」に投資をする場合は、非課税で運用できるNISAは利用した方がよいといえるでしょう。

ただし、NISAで投資できる商品は「投資信託」「株式」といった金融商品に限られます。

金や外貨、仮想通貨などの商品への投資では、NISA制度を利用することができません。

非課税なので確定申告も不要

通常、投資で利益を得た場合、税金がかかるため、確定申告が必要になります。

一方、NISAを利用した場合、利益が非課税の範囲内であれば、確定申告をする必要はありません

年間の非課税投資枠は、つみたて投資枠と成長投資枠で異なります。

  • つみたて投資枠:年間120万円
  • 成長投資枠:年間240万

上限を超えた投資額に対する利益は、課税の対象になり、確定申告が必要になる可能性があります。

このように、NISAは「投資信託」や「株式」に投資をする場合、メリットが多い制度です。

これから投資を始めるようと考えている人は、NISAを利用するのがおすすめです。

NISA口座をどこで開設すればよいかわからない場合は、こちらの記事も参考にしてください。

以下の記事では、NISA口座開設におすすめの証券会社について紹介しています。

おすすめの証券会社を投資初心者におすすめの証券会社をランキング形式で紹介!ネット証券を利用するメリットも解説で紹介しています。

調査概要
  • 投資に関するアンケート
  • 【調査実施会社】株式会社ウェブクルー
  • 【調査期間】2023年12月4日(月)~2023年12月10日(日)
  • 【調査方法】MoneyFixのLINE公式アカウントでのアンケート
  • 【調査人数】816人

キーワードで記事を検索