効果を感じない節約方法1位は「ポイ活」。効率よくポイントを貯めるコツは?

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

物価の上昇が家計に影響を及ぼし、多くの人が収入と支出のバランスに苦労している中、節約は家計改善における、有効な手段の1つです。

さまざまな節約の中でも、幅広い層の人たちが実践している方法が「ポイ活」です。

しかし、ポイ活をしても「効果がない」と感じている人もいるようです。

この記事では、ポイ活で効果が感じられない人の原因と、ポイントで効果的に節約するコツを解説します。

効果を感じない節約方法1位はポイ活

株式会社モデル百貨が、20代以上の男女1,010名を対象に「実践している節約方法と節約効果の実感についてのアンケート」を実施しました。

出典:MoneyGeek「節約方法で一番効果を実感したのは自炊!本当に効果がある節約術を1,010人に調査」(以下同)

節約に効果がないと感じる節約方法については、「意識してポイントを貯めるようにしている」(168人)が1位、「水道・電気・ガスの節約」(131人)が2位と続きました。

ポイントを貯めるという節約方法は、多くの人から「効果がない」と感じられている一方で、「効果がある」と感じる節約方法の5位(80人)にもランクインしています。 

これはいったいどういうことなのでしょうか?

「これまでに実践したことがある節約方法」についてのアンケート結果を見てみましょう。
 
実践したことがある節約方法については、「ポイ活する」(539)が1位、「水道・電気・ガスの節約」(519)が2位と続きました。

上位2項目は、「効果があると感じる節約方法」でも、「効果がないと感じる節約方法」でも、5位以内にランクインしています。

実践した結果、効果が出た人と出ない人とで分かれたことが伺えます。

では、ポイ活で効果を感じられた人とそうでない人との違いは、何だったのでしょうか?

ポイ活で効果を感じられなかった人のコメントから、原因を考えてみます。

なぜポイ活は効果を感じない?

同調査によると、ポイ活で効果を感じられない理由として、「ポイント還元率が低い」「ポイントを貯めても、いつの間にか失効してしまう」という意見がありました。

一般的なクレジットカードの還元率は、0.5~1%程度です。

1万円の買い物で得られるポイントは、50~100円程度です。

通常の還元率では、節約の努力と比較して得られるメリットが見合わず、効果がないと感じる人もいるかもしれません。

ポイントを貯めて節約効果を実感するには、会員ランクを上げて還元率を高めたり、還元率の高い期間やショップで利用したりする必要があります。

さらに、ポイントには使用期限があり、期限内に使い切れない場合、その価値は失われてしまいます。

ポイントを使い忘れてしまった経験のある人は、ポイントを貯めても無駄になり、節約効果がないと感じてしまいます。

上手にポイ活するコツ

ポイントを上手に活用するためのコツは、貯めるポイントを絞ることです。

スマホ決済やクレジットカード決済、ネット通販など、日常の支出で最も還元が多く受けられるポイントを選びます。

貯めるポイントを選んだら、ポイントプログラムの特徴を把握し、日々の決済でポイントを取り逃さないための設定を済ませます。

例えば、楽天ペイ決済の場合、楽天カードと連携すると還元率1%です。

さらに、楽天カードから楽天キャッシュの残高にチャージし、そこから楽天ペイで支払う設定にすると、還元率は1.5%に増加します。

楽天ペイで5万円使った場合、1%還元なら500ポイント、1.5%還元なら750ポイントが獲得でき、その差は250ポイントです。

最初に設定するだけで、還元率アップの効果が持続するため、手間や時間をかけることなく効果的にポイントを貯められます。

また、ポイントは貯めるだけでなく、どのように使うか決めておくことも大切です。

使い道を迷っているうちに、期限が切れて使えなくなってしまっては、貯めた意味がなくなってしまいます。

最適な使い方を決め、無駄なくポイントを活用すれば、ポイ活は効果のある節約術となります。

出典

キーワードで記事を検索