【5分で理解】あなたの人生を守る!生命保険の選び方と最適な加入タイミング

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

生命保険は、突然の事故や病気、死亡などが起こってしまった際に自分や家族を守る仕組みです。

病気やケガなどの万が一の事態で、まとまったお金が必要になる場合があります。生命保険は、加入者が公平に保険料を負担しあうことで、万が一の事態に保険金を受け取ることができます。

この記事では、生命保険の種類や加入検討するタイミングについて解説します。

家族の将来を守るために・・・(死亡保険)

死亡保険は、加入者が亡くなった際に保険金が遺族に支払われる保険です。

想定されるのは、突然の事故や病気による死亡など、生活を支える主たる収入源が途絶えた場合です。

加入を検討するタイミングは結婚や子ども誕生など、ライフステージが変わって支えるべき人が増えたときが最適です。

また、加入する際は保険料の負担と保険金のバランスを考慮し、自身のライフスタイルや家族の生活状況に合ったプランを選ぶことが重要です。

医療費や介護費の負担を軽減するために・・・(医療・がん保険)

医療・がん保険は、病気やケガによる入院や手術、特にがんと診断された際の治療費用を保障する保険です。

想定されるのは、突然の病気やケガで入院が必要となったり、いままでのように働くことが難しくなった場合などです。

加入を検討するタイミングは、健康に不安を覚えた場合や、ライフステージの変化(結婚、出産、子ども成長等)に伴うリスクの見直し時などが考えられます。

医療・がん保険は実際に異常が見つかってからでは加入制限がある場合や、早期加入により保険料が安くなる場合もあるので、早めに検討することをおすすめします。

将来の出費に備えるために・・・(年金・積立保険)

年金保険・積立保険は、万が一に備えながら、将来に向けた貯蓄や資産形成をするための保険です。

年金保険は、一定の期間保険料を支払った後、一生涯にわたって年金を受け取ることができます。

一方、積立保険は、一定期間保険料を支払い、契約満期時に一時金を受け取ることができます。

どちらも加入期間の死亡保障がついているため、万が一のときも安心です。

最近では、資産形成の手段としてさまざまな方法が出てきていますが、こういった保険を用いて、将来の出費に備えることもできるので、早いうちから検討を始めるとよいでしょう。

子ども将来を考えるために・・・(学資保険)

学資保険は、子どもの教育資金を準備するための貯蓄型保険です。

保険料を払い込むことで、子どもの大学入学時など、必要な時期に合わせて満期保険金を受け取ることができます。

学資保険は、原則として親が契約者となります。

契約者に万一のことが起きた場合や、子どもの入学や進学にあわせて、育資金・満期保険金が受け取れるようにするものです。

加入を検討すべきタイミングは、子ども生まれたときが最適です。

なぜなら、保険料は加入者の年齢が低いほど安く、長期間積み立てるほうが返戻率も上がる傾向があるからです。

まとめ

さまざまな生命保険の種類について見てきましたが、実際には商品ごとにさらに多くの特色があり、それぞれに重要な役割があります。

自分や家族の将来を見据えて、適切な選択をするためにも、実際の保険商品を比べながら、理解を深めていきましょう。

生命保険の一括資料請求はこちら
>> 今なら一括資料請求でケンタッキー2Pが全員にもらえる

キーワードで記事を検索