住民票の発行手数料が10円。コンビニで証明書を発行すると割引になる自治体はどこ?

執筆者:川辺 拓也

【記事執筆】FP川辺 拓也

3,000人を超える顧客からの相談実績をもとに、社会保障制度や家計に必要な金融知識を分かりやすく提供。2級ファイナンシャルプランニング技能士。金融全般から、お金に関する政策まで幅広く専門領域があり、複数の金融メディアに多数寄稿。

東京都世田谷区では、2023年3~4月の間、住民票の写しをコンビニで交付際の手数料を200円から10円にする見通しです。

例年3~4月は、引越しに伴う転出や転入手続きが集中するため、区役所や出張所の混雑を緩和するねらいがあります。

コンビニで手続きする場合に手数料が割引される自治体は、ほかにもあるのでしょうか。

この記事では、行政サービスにかかる費用について解説します。

各種証明書の交付手数料

自治体の窓口で証明書を交付する場合、1通あたりの手数料は以下の通りです。

  • 住民票の写し:300円
  • 印鑑登録証明書:300円
  • 住民税証明書:300円
  • 戸籍証明書:450円
  • 戸籍の附票の写し:300円

また、自治体によっては、窓口で交付するより手数が安くなる場合があります。

以下は、手数料割引の一例です。

  • 杉並区(東京都):100円割安
  • 一宮市(愛知県):200円割安
  • 京都市(京都府):一律250円
  • 富田林市(大阪府):100円割安
  • 広島市(広島県):100円割安

自治体によって、割引額や期間が異なるので、自治体のWebサイトなどで確認してみてください。

手数料10円を実施している自治体

世田谷区と同じように、コンビニで証明書を交付すると手数料が10円になる自治体があります。

  • 奈良市(奈良県):1通10円 2024年3月31日まで
  • 福岡市(福岡県):1通10円 2024年3月31日まで
  • 春日部市(埼玉県):1通10円 2025年3月31日まで
  • 延岡市(宮崎県):1通10円 当面の間
  • 伊逹市(北海道):1通10円 当面の間

自治体や発行する証明書によって、利用できる時間や場所が異なります。

例えば、福岡市の場合、利用できる時間と場所は以下の通りです。

【利用できる時間】

  • 住民票の写し:毎日6時半~23時
  • 印鑑登録証明書:毎日6時半~23時
  • 戸籍全部事項証明書:平日9時~17時
  • 戸籍の附票の写し:平日9時~17時

【利用できる場所】

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ポプラ
  • イオン九州
  • 日本郵便(福岡市内では、和白郵便局、福岡東郵便局のみ)
  • ココカラファイン(福岡市内では、ココカラファイン原店、ドラッグセガミ荒江店の2店舗のみ)

詳しくは、自治体のWebサイトで確認してください。

なお、コンビニで各種証明書を発行するには、マイナンバーカードが必要です。

引越しや就職など、新年度は証明書を発行する機会も多く、役所の窓口を利用する人も多いでしょう。

窓口での待ち時間を気にせず、かつ割引価格で発行できるので、コンビニで証明書を発行してみてはいかがでしょうか。

キーワードで記事を検索