※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

車の修理にローンや分割払いは利用できる?お金ないときはローンがおすすめ!

執筆者:マネーFix 編集部

【監修】株式会社RKコンサルティング河合 克浩

一般企業、外資系金融機関を経て、現在はファイナンシャルプランナー(FP)として年間150件超のお金の相談に対応。難しく感じる経済やお金の話をわかりやすく説明することに定評がある。夢を実現するため相談者に寄り添い、人生が豊かになるサポートを心がけている。

車の修理は、内容によっては多額な費用が発生することがあります。「車の修理や整備にいくらかかる?」「修理代をローンで支払えない?」「車の修理ローンでおすすめはどこ?」という疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

車の修理や整備費用をローンで支払うこともできます。

この記事では、車の修理や整備で利用できるローンの種類と押さえておくべきポイントを解説します。

この記事でわかること
  • 車の修理や整備に利用できるローンの種類
  • 修理・整備費用のためにローンを組むときのポイント
  • ローンの審査に通らないケース

車の修理・整備代はいくらかかる?

車の修理・整備代にかかる費用の目安は、損傷の程度や年式などによって異なります。損傷部位ごとの修理費用の目安は、下表の通りです。

損傷部位 損傷の程度 修理方法 費用目安
ドア 軽い タッチペンで修復 1,000円~
タイヤ 軽い パンク修理 2,000円~
フレーム 重度 自走不可からの修復 100万円~

中でもフレームやエンジンのように、車の重要部品が損傷すると修復費用が高額になる傾向にあります。修復費用が高額なときはローンで支払うのも1つの方法です。

車の修理・整備代はローンを組める?

車の修理や整備費用は、ローンを使った分割払いが可能です。修理費用を分割で支払う方法は、以下の通りです。

  • ディーラーなどが提携する信販会社のローン
  • 銀行のマイカーローン
  • クレジットカードの分割払い
  • 消費者金融のカードローン

ディーラーなどが提携する信販会社のローン

ディーラーが提携している信販会社を利用することで、修理費や整備代をローンで支払うことができます。自動車を購入した店舗を利用する場合は、手続きの手間が少なくて済むのが特徴です。

ただし、ディーラーによっては、提携ローンが車の修理費や整備代に使えないケースがあります。ローンの適用範囲や条件について、あらかじめ確認しておきましょう。

銀行のマイカーローン

銀行や信用金庫が提供しているマイカーローン(自動車ローン)は、自動車の修理費や整備代に利用できます。

マイカーローンの特徴は、信販会社や消費者金融に比べて低金利でお金を借りられる点です。その銀行の住宅ローン利用者や口座を持っているユーザーは、金利の優遇を受けられるケースもあるでしょう。

ただしディーラーから取得した見積書が必要になるなど、審査には手間がかかります。

クレジットカードの分割払い

クレジットカードの分割払いを利用して支払う方法もあります。クレジットカードによっては、利用額に応じてポイントが貯まります。還元率アップのキャンペーンやイベントと併用すれば、支払額の負担軽減につながるでしょう。

分割払いの場合、手数料の目安は実質年率12~15%で、銀行のマイカーローンに比べると割高です。クレジットカードをよく利用している人や、ポイントを貯めている人に適しているでしょう。

消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンで借りたお金の使い道は自由です。そのため、カードローンで借りたお金を車の修理や整備、車検費用に充てられます。消費者金融によっては最短即日や土日の借入に対応しているため、不足しているお金をスピーディーに調達できるのが特徴です。

消費者金融の金利の目安は実質年率3~18%で、銀行のマイカーローンと比較すると高めに設定されています。消費者金融のカードローンは、急ぎでお金が必要な人に適した方法といえます。

車の修理・整備費用でローンを組むときのポイント

車の修理代や整備費をローンで支払う際に押さえておくべきポイントは、以下の3つです。

  • どんなローンであっても審査がある
  • 車が古い場合は買い替えた方が安い可能性がある
  • ローン会社は複数社比較した方がいい

どんなローンであっても審査がある

どんなに少額なローンであっても、利用する際は必ず審査があります。そのため、審査に向けた準備と対策を進めることが大切です。

審査に通る可能性を挙げるために押さえておくべきポイントは、以下の4つです。

  • 保証人を立てる
  • 修理内容を調節して借入額を減らす
  • 審査前や審査中の転職を避ける
  • 仮審査を受ける

一般的には、年収に占める返済額の割合や、勤続年数の長さなどが審査でチェックされるといわれています。

車が古い場合は買い替えた方が安い可能性がある

古い車に乗っている場合、修理に必要な部品の在庫が少ないケースがあります。「部品が値上がりしている」「取り寄せるだけで費用がかかる」など、修理より買い替えの方が支払い額を抑えられる可能性もあるでしょう。

また、古い車はメンテナンスや維持費が割高になるため、場合によっては早めに買い替えた方がお得です。ローンを組む前に「今後どれくらい乗り続ける予定か」を検討して、その結果次第では買い替えも視野に入れましょう。

ローン会社は複数社比較した方がいい

ローン会社を決める際には、複数社を比較して決めるのがポイントです。車の修理代向けのローン会社を探す際は、クラウドローンの利用がおすすめです。

クラウドローンに登録するだけで、複数の銀行からプランの提案を受けられます。扱っているのは銀行ローンのため、低金利での借入が期待できます。車の修理・整備にはクラウドローンを活用してみてください。

車の修理・整備費用でローンの審査が通らないケース

ローンの審査に落ちる具体的なケースは、以下の通りです。

  • 複数の借入をしている
  • 信用情報に問題がある
  • 勤続年数が短い
  • 年収に対して借入希望額が高い

複数の借入をしている

複数の金融機関から借入をしていると、審査に落ちるケースがあります。

年収に占める年間の返済総額の割合を「返済負担率」と呼び、年間の返済総額には住宅ローンやカードローンの返済額が含まれます。返済負担率が上昇するほど審査に通過するのは難しくなるため、審査を受ける際には注意が必要です。

他社からの借入が多いときには、借入希望額の縮小も検討しましょう。

信用情報に問題がある

信用情報は、クレジットカードやローンなどの契約内容や支払い状況が登録された情報です。ローン会社は申し込み者の信用情報を照会します。

信用情報のうち、以下のような記録は審査に影響を与えるとされます。

  • 延滞・滞納
  • 強制解約
  • 自己破産・任意整理

信用情報は開示請求できます。心配な人は、自身の信用情報がどのように記載されているか確認しましょう。

勤続年数が短い

勤続年数の短い人は、ローンの審査に落ちる可能性があります。安定した返済能力があるかを判断する際に、「勤続年数の長さ」が基準になるためです。

「審査直前の転職や退職は避ける」「入社したばかりの人は期間をおいて申請する」などの対策をすると、審査に通りやすくなるでしょう。

年収に対して借入希望額が高い

年収に対して借入希望額が高すぎると、審査に通過するのが難くなります。

ローンの審査では、前述の返済負担率について確認されます。返済負担率が高くなるほど審査に通過するのが難しくなるため、年収に見合った希望額に調整することで借入できる可能性は高まります。

まとめ

車の修理や整備代は、ローンを利用して支払うことができます。ディーラーが提携するローンや銀行のマイカーローンなど、さまざまな会社が商品を提供しています。借入までのスピードや金利に違いがあるため、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

ローンを組む際は複数の会社に相談し、比較しながら契約先を検討することが大切です。自身のライフスタイルに合った借入方法を探してみてください。

キーワードで記事を検索