車検費用はローンや分割払いも可能?車検ローンの種類・金利と利用時のポイント

執筆者:マネーFix 編集部

【監修】株式会社RKコンサルティング河合 克浩

一般企業、外資系金融機関を経て、現在はファイナンシャルプランナー(FP)として年間150件超のお金の相談に対応。難しく感じる経済やお金の話をわかりやすく説明することに定評がある。夢を実現するため相談者に寄り添い、人生が豊かになるサポートを心がけている。

車検を通すにあたっては、一定の費用が発生します。「車検が迫っているものの手元に現金が少ない」「支払いにローンを利用して返済の負担を軽減したい」という人もいるのではないでしょうか。

手持ちの資金で車検費用を支払えない場合に、ローンを組むこともできます。

この記事では車検で利用できるローンの種類と、押さえておくべきポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • 車検にかかる費用相場
  • 車検費用に使えるローンの種類
  • 車検費用をローンで支払うときの注意点
(※)この記事は2023年12月の情報をもとに作成しています

車検にかかる費用相場

車検とは「自動車検査登録制度」の略称で、車が保安基準を満たしているか検査するための制度です。基準を満たしていない車は再検査が必要で、期限切れの車は公道の走行が認められません。

車検は、主に以下の場所で受けられます。

  • ディーラー
  • 車検専門店
  • ガソリンスタンド
  • カー用品店

車検にかかる費用の相場は3万5000円~です。

そのほか、自動車重量税6,000~4万円、自賠責保険料2万円、印紙代1,800円が必要となります。

車検費用はローン払いもできる


車検費用はローンを利用して分割で支払えます。利用できるローンの例は、以下の通りです。

  • ディーラーなどが提携する車検ローン
  • 銀行や信用金庫のカーローン
  • クレジットカードで分割払い
  • 消費者金融のカードローン

ディーラーなどが提携する車検ローン

ディーラーが提携している信販会社でローンは、以前は金利が高いとされていたものの、近年は低金利になってきています。店舗によっては、特定の条件を満たしたときに利用できるキャンペーンを行っているケースがあります。

自動車を購入した店舗で車検を受ける場合、すでに取引のあるディーラーが窓口となるため手続きが楽です。少ない手間で借入や車検を済ませたい人は、ディーラーの提携ローンが適しているでしょう。

車検ローンが組める車検会社一覧

車検ローンが組める会社の例は、以下の通りです。

  • 車検のコバック:店舗数全国1車検専門チェーン
  • オートバックス:全国500以上の店舗で累計1000万台を超える実績
  • イエローハット:全国680店舗、早期予約など割引特典多数
  • コスモ石油:全国のコスモステーションで対応
  • Drive:アフターフォローとして無料の安全点検を6ヵ月ごとに実施
  • 出光リテール車検:低価格で高品質な車検を提供

銀行や信用金庫のカーローン

銀行や信用金庫では、車検費用に使えるローンを提供しているケースがあります。ディーラーなどが提携する車検ローンと比べると比較的低金利ですが、審査基準が厳しいです。

一般的には、審査の際にディーラーから受け取った見積書や契約書が必要です。手続きをインターネット上で完結できる金融機関もあります。審査を申し込む銀行に口座を持っている人は、金利の優遇を受けられる可能性があります。

クレジットカードで分割払い

クレジットカードは、車検費用の支払いに利用できます。毎月の分割払いのほか、「ボーナス払い」や「リボ払い」など、自身のライフスタイルに合わせた支払い方法を選べるのが特徴です。

またクレジットカード会社によっては、利用額に応じたポイントが貯まります。車検費用はまとまった支出となるため、還元率の高いクレジットカードを活用することで多くのポイントが獲得できます。

分割払いの場合、クレジットカード払いの手数料の目安は実質12~15%です。クレジットカード払いは、ポイント獲得を利用して、車検費用をお得に済ませたい人に向いているでしょう。

消費者金融のカードローン

借入金の使途が制限されていない消費者金融のカードローンを、車検費用の支払いに活用できます。消費者金融によっては最短即日で借入できるため、車検を急いでいる人でも安心です。無利息期間や金利優遇キャンペーンを利用すると、ローン払いやクレジットカード払いと比べて返済総額を抑えられる可能性があります。

消費者金融はほかの支払い方法と比べて金利が高めに設定されており、目安は実質年率3~18%です。現金をスピーディーに用意したい人向けの方法といえるでしょう。

車検にもマイカーローンは使えます。金融機関が提供しているローンは金利が低いのが特徴です。1.5%~3.0%程度が目安となります。

クラウドローンなら複数の金融機関を比較して、金利が低いマイカーローンを選ぶことができます。

車検に使えるローンの金利を比較

車検に使えるローンや分割払いの金利は、商品やサービスによって差があります。

10万円の車検費用に2年ローンを組んだシミュレーション結果は、以下の通りです。

ローンの種類 年利 月額 支払総額
ディーラーなどが提携する車検ローン 年8.0% 4,523円 10万8552円
銀行のカーローン 年2.0% 4,255円 10万2120円
クレジットカードで分割払い 年12.0% 4,708円 11万2992円
消費者金融のカードローン 年18.0% 4,993円 11万9832円

車検費用をローンで支払うときに知っておきたいこと

車検費用をローンで支払う際に知っておきたいことは、以下の3つです。

  • 車検費用の中には原則現金払いの費用がある
  • どんなローンにも必ず審査がある
  • ローン会社は複数社比較した方がいい

車検費用の中には原則現金払いの費用がある

車検にかかる費用のうち、法定費用は原則現金払いとしている店舗が多く、全額をローンやクレジットカードで支払うのは難しいでしょう。

法定費用の内訳は、以下の通りです。

  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 検査手数料

ローンや分割払いを利用して車検費用を支払うときでも、現金が必要になる点は押さえておきましょう。

どんなローンにも必ず審査がある

ローンでお金を借りる際には必ず審査があります。内容によっては審査に通らなかったり、借入額が減少したりするため、審査に向けて準備や対策が必要です。

審査に通りやすくするために押さえておきたいポイントは、以下の4つです。

  • 保証人を立てる
  • 修理内容を調節して借入額を減らす
  • 審査前や審査中の転職を避ける
  • 仮審査を受ける

ローン会社は複数社比較した方がいい

ローン会社を決める際には、複数社の審査を受け条件を比較したうえで、自身に合う商品やサービスを選びましょう。

車検ローンの会社を比較検討する際には、クラウドローンの活用がおすすめです。クラウドローンでは家族構成や年収などの情報を入力するだけで、複数の銀行からローンのプラン提案を受けられます。

一度の申し込みで複数の銀行から提案を受けられるため、各金融機関でそれぞれ審査の手続きをする手間がかかりません。

まとめ

車検費用はローン払いや分割払いが可能です。銀行ローンやディーラーの提携ローンなど、利用できる方法は複数あります。金利を低く抑えたい人は、銀行のカーローンの活用が効果的です。車検費用のうち法定費用は原則、現金払いとなるため注意しましょう。

ローンを利用するためには審査に通らなければなりません。ローンを組む際は複数の会社を比較検討することが大切です。自身の状況に合った借入方法を探してみてください。

キーワードで記事を検索