自動車ローンを組んだら車の所有権は誰?|完済後の名義変更の手順も紹介

執筆者:マネーFix 編集部

【監修】株式会社RKコンサルティング

河合 克浩

一般企業、外資系金融機関を経て、現在はファイナンシャルプランナー(FP)として年間150件超のお金の相談に対応。難しく感じる経済やお金の話をわかりやすく説明することに定評がある。夢を実現するため相談者に寄り添い、人生が豊かになるサポートを心がけている。

自動車の購入時にローンを利用すると、自動車の名義が自分にならないケースがあります。また、自動車の名義に「所有者」「使用者」の2種類があることは、ローン利用者は知っておかなければなりません。

この記事では、車の所有者と使用者の違いを解説し、ローン返済中に注意すべきことや、ローン完済後の名義変更の方法についても紹介します。

車の使用者と所有者の違いとは

車検証を見ると、名義の欄が「所有者」「使用者」 の2種類あることに気づくのではないでしょうか。はじめに、車の「所有者」「使用者」の違いを確認しておきましょう。

車の所有者とは

車検証に記載された「所有者」とは、その名の通り「車の所有権を持っている人」を指します。

具体的には、車の廃車や売却を行う権利を持つ人ということです。

車の使用者とは

車検証に記載された「使用者」とは、「車の保守管理を負う責任者」のことです。例えば、車の故障や破損・事故は、使用者に対して連絡・請求が来ます。

また、車庫証明の申請を行うのも、使用者です。

自動車ローンで購入した車の所有者は誰?

自動車ローンで車を購入した場合、返済を終えるまでは所有者が自分ではないケースが多いです。これはローン契約の仕組みに関係します。

なお、自動車ローンにはさまざまな種類があり、自分が所有者になれるローンも一部存在します。

所有者が自分ではないケースが一般的

自動車ローンの返済期間中に、自分が所有者になれないのは、ローン会社に所有権を預けているからです。

所有権を預ける理由は、ローンの担保とするためです。つまり、自動車ローンの返済期間中は「車を担保としてお金を借りている状態」というわけです。万が一ローンの支払いができなくなれば、車は回収されてしまいます。

無事ローンを完済した際は、所有者を自分名義に変更できます。

所有者が自分になるケースもある

自動車ローンには、自社ローン、ディーラーローン、銀行マイカーローンなどの種類があります。

この中で銀行マイカーローンは、返済期間中の所有者が契約者本人です。銀行マイカーローンは「銀行や信用金庫などの金融機関でお金を借り、その資金で車を購入する」という仕組みなので、車そのものが担保にはなりません。

自動車ローン支払中に注意すべきこと

自動車ローンの支払中は、以下の2点に注意してください。

  • 完済するまでは勝手に売却・譲渡・廃車できない
  • ローンの返済が苦しくなったら借り換えを検討する

完済するまでは勝手に売却・譲渡・廃車できない

銀行マイカーローン以外のローンを利用している場合、所有者がディーラーやローン会社になっているため、車を勝手に売却したり、第三者に譲渡したり、廃車にしたりすることはできません。

ローンの返済期間中に売却・譲渡・廃車を行う場合は、車の所有者であるディーラーやローン会社に相談して、合意を得る必要があります。

契約書に「完済まで売却・譲渡・廃車は不可」の旨が記載されているケースもあるため、確認してください。

ローンの返済が苦しくなったら借り換えを検討する

銀行マイカーローン以外のローンを利用している場合、返済が苦しくなっても、車を勝手に売却することはできません。そこで取り得るのが、「ローンの借り換え」という方法です。

ローンの借り換えとは、現在組んでいる自動車ローンよりも金利の低いものに乗り換え、さらに返済期間を見直すことで、月々の支払額を軽減する方法です。

ローンの借り換えを行うことで、自動車を手放さず、無理のない範囲で返済を続けられる可能性があります。

自動車ローン完済後の名義変更の方法

自動車ローンの完済後、完済の旨を伝える書類(所有権留保解除の手続きの案内)がディーラーやローン会社から送られてきます。しかし、名義変更に関する案内は特にない場合がほとんどです。

名義が自分でない場合、車を売却する際などに余計な手間や時間がかかります。ローンの完済後は、速やかに自分の名義に変更するようにしましょう。

車の名義変更に必要な書類

車の名義変更をする際は以下の書類が必要です。

  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車取得税・自動車税申告書
  • 印鑑証明書
  • 自動車検査証
  • 車庫証明
  • 譲渡証明書(車を譲渡する場合)

名義変更に出向く際は、印鑑証明書の実印を持って行きましょう。住所変更がなければ車庫証明は不要です。

車の名義変更の手順

車の名義変更の手順は、以下の通りです。必要書類の準備に際しては、ローン会社などへ連絡(所有権留保解除依頼)し、事前に必要書類を送付してもらいましょう。

  1. 必要書類の準備
  2. 陸運局で自動車税・自動車取得税申告書を提出
  3. 管轄の陸運局で、所有権留保の解除(名義変更)の手続き

車を譲渡する場合などで、自分ではなく第三者の名義に変更する際の手順は以下の通りです。

  1. 必要書類の準備
  2. 陸運局で名義変更の手続き
  3. 任意保険の名義変更手続き

まとめ

ディーラーローンや自社ローンで自動車を購入した場合、所有者の名義がディーラーやローン会社になっている可能性が高いです。これは、ディーラーやローン会社から「車を担保にお金を借りている状態」だからです。

所有者の名義が自分でなければ、所有者の許可なく、自己判断で自動車の売却・譲渡・廃車などはできません。自動車ローンの完済後は名義変更が可能なので、速やかに手続きを行うようにしましょう。

キーワードで記事を検索