※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

マイカーローンで仮審査に通ったのに本審査に落ちるのはなぜ?通りやすくするための注意点を紹介

執筆者:マネーFix 編集部

【監修】株式会社RKコンサルティング河合 克浩

一般企業、外資系金融機関を経て、現在はファイナンシャルプランナー(FP)として年間150件超のお金の相談に対応。難しく感じる経済やお金の話をわかりやすく説明することに定評がある。夢を実現するため相談者に寄り添い、人生が豊かになるサポートを心がけている。

車を購入する際に、多くの人が利用するのがマイカーローンです。 しかし、仮審査(事前審査)に通っても、本審査で落ちてしまい、マイカーローンを契約できないケースがあることを知っていますか。

この記事では、仮審査と本審査の違い、本審査に落ちる理由、本審査に通りやすくするためにできることを解説します。マイカーローンの本審査に落ちたくない人や、マイカーローンに再度申し込む人はぜひ参考にしてください。

マイカーローンで仮審査に通ったのに本審査で落ちる理由

マイカーローンの仮審査を通って本審査で落ちる理由として、以下の3つが考えられます。

  • 仮審査の申し込み内容に虚偽があった
  • 仮審査後に経済状況が変わった
  • 信用情報に金融事故の記録があった

仮審査の申し込み内容に虚偽があった

仮審査では、信用情報の照会は行われません。申告した情報に虚偽や間違いがあってもそのまま審査されるため、本来は本審査に通らない人が仮審査を通過するケースがあります。

本審査では収入証明書の提出や信用情報機関への照会を行うため、申告した情報に虚偽があるとすぐに判明します。虚偽申告が判明すると信用を失い、本審査に通過しにくくなる恐れがあります。

仮審査後に経済状況が変わった

仮審査後に経済状況が変化すると、本審査に通過しにくくなる可能性があります。例えば、仮審査後に退職すると、安定した返済能力がなくなったと判断されるため、審査に通りにくくなります。

また、審査では「勤続年数」もチェックされます。転職したばかりだと、勤続年数が短いことを理由に審査落ちするリスクが高まります。

さらに、仮審査後に借金をしたり、借入希望額を増やしたりすると、本審査で落ちる可能性があります。

信用情報に金融事故の記録があった

本審査では、信用情報機関を通じて、申込者の信用情報を照会します。信用情報に金融事故の記録があると、本審査はまず通過できないでしょう。

金融事故の記録とは、携帯電話料金・クレジットカード・カードローンなどの支払い遅延・滞納のほか、債務整理、代位弁済、自己破産といったネガティブな情報のことです。

マイカーローンの仮審査と本審査は何が違う?

マイカーローンは仮審査通過後、本審査を受けるのが一般的な流れです。各審査の特徴を確認しておきましょう。

マイカーローンの仮審査

マイカーローンの仮審査は、申込者が申告した情報をもとに実施される審査です。上述した通り、信用情報を照会しないため、申告された情報が事実であるかまでは確認されません。

あくまでも簡易的な審査であるため、早ければ当日に審査結果が出ます。

マイカーローンの仮審査は義務ではないものの、仮審査に落ちると本審査を受けることはできません

マイカーローンの本審査

マイカーローンの本審査では、本人確認書類や収入証明、資金使途の確認資料などを提出したうえで、さらに入念な審査が実施されます。信用情報の照会が行われ、金融事故の有無もチェックされます。

審査期間は、マイカーローンの種類によっても異なります。銀行マイカーローンは1~2週間と本審査に時間がかかる傾向があります。

マイカーローンで仮審査を受ける目的

マイカーローンの仮審査は義務ではありません。受けたい人が任意で受ける審査ですが、仮審査を受ける目的として主に以下の2点が挙げられます。

  • 本審査に通るかどうかの目安を知るため
  • 仮審査の結果に応じて借入額の見直しをするため

本審査に通るかどうかの目安を知るため

仮審査を受けると、本審査通過の見込みがあるか事前に知ることができます。

本審査に落ちると、その記録が信用情報に登録され、新たな審査を受けるまで期間を空けなければなりません。一方、仮審査に落ちたことは信用情報に登録されないため、短期間に何度も審査を受けることが可能です。

仮審査の結果に応じて借入額の見直しをするため

仮審査を受けると、借入可能なおおよその金額を知ることができるため、月々の返済額や必要となる頭金など、おおまかな資金計画を立てることが可能です。

仮審査は何回受けても信用情報に登録されないため、落ちても再審査を受けて、借入希望額を調整してください。

マイカーローンの本審査に通りやすくするためにできること

以下の方法を実践することで、マイカーローンの本審査に通る確率を高められる可能性があります。

  • 自社ローンやディーラーローンを選ぶ
  • 借入額を少なくする
  • 他社からの借入を完済する

自社ローンやディーラーローンを選ぶ

カーローンには、主に以下の3種類があります。

  • 自社ローン(自動車販売会社が独自に提供するローン)
  • ディーラーローン
  • 銀行マイカーローン
カーローンの種類 自社ローン ディーラーローン 銀行マイカーローン
審査の厳しさ 甘い 比較的甘い 厳しい
審査基準 独自の基準 信用情報 信用情報
金利 0%
(実質的にはディーラーローンや銀行系よりも高め)
中程度 比較的低い
特徴 金利が低いぶん、購入価格が高くなる 自動車購入とローン手続きが同時に済む 審査に時間がかかる

自社ローンは、ほかのローンと比べて審査が甘い傾向があります。審査に際して信用情報機関の情報を参照しないため、信用情報に金融事故の記録があっても、審査に通過する可能性があります。

ディーラーと提携するローン会社が提供する「ディーラーローン」は、信用情報を照会して審査が実施されますが、銀行マイカーローンと比較すると審査に通りやすいといわれています。

借入金額を少なくする

審査では、借入希望額が年収に対して適切かチェックされます。マイカーローンの借入上限額の目安は、年収の30?40%です。これを超えた借入額を希望すると、金融事故の記録や他社からの借入がなくても、審査に通らない可能性があります。

借入額を少なくするためには、頭金を多めに用意するのが有効です。あるいは、車のグレードを下げたり、中古車にしたりする方法もあります。

他社からの借入を完済する

審査では、他社からの借入状況もチェックされます。借入総額が収入に対して多すぎると、スムーズな返済が困難と判断され、審査が通りにくくなるかもしれません。

マイカーローンの申し込み前に、他社からの借入を完済するか、繰り上げ返済などで可能な限り借入を減らしておくとよいでしょう。

まとめ

マイカーローンの仮審査はあくまでも簡易的な審査です。仮審査に通っても本審査に落ちたり、本審査の結果、仮審査よりも借入可能額が減額されたりするケースがあります。

また、仮審査は義務ではなく、審査結果も信用情報に登録されません。本審査が通るか不安な人は、事前に仮審査を受けることをおすすめします。

キーワードで記事を検索