※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

デンタルローンのメリット・デメリット|インプラントや歯科矯正にも利用できる

執筆者:マネーFix 編集部

【監修】株式会社RKコンサルティング河合 克浩

一般企業、外資系金融機関を経て、現在はファイナンシャルプランナー(FP)として年間150件超のお金の相談に対応。難しく感じる経済やお金の話をわかりやすく説明することに定評がある。夢を実現するため相談者に寄り添い、人生が豊かになるサポートを心がけている。

デンタルローンとは、歯科治療に必要なお金を借りるためのローンのことです。「歯医者さんに行きたいけど費用が心配」「自分はデンタルローンを使える?」といった悩みや疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

デンタルローンは、インプラントや歯列矯正など歯に関する幅広い治療に使えます

この記事では、デンタルローンの概要、メリット・デメリットなど解説します。

この記事でわかること
  • デンタルローンとは何か
  • デンタルローンのメリット・デメリット

歯科治療に利用できるデンタルローンとは

デンタルローンとは、借りたお金の使い道が「歯科医療費」に限定されているローンのことです。例えば、以下のような費用の支払いに利用できます。

  • インプラント治療
  • 歯列矯正
  • ホワイトニング
  • 入れ歯の作成
  • オールセラミックのかぶせもの

デンタルローンは、健康保険が効かない高額な治療にも利用できます。

利用する際は、治療を行う歯科医院や、デンタルローンを扱う金融機関などで申し込むのが一般的です。

デンタルローンを利用するメリット

デンタルローンのメリットは、以下の通りです。

  • 学生でも利用できる
  • 高度な歯科治療を受けられる
  • カードローンやクレジットカードより低金利

学生でも利用できる

学生なら、銀行より信販会社が提供するデンタルローンの方が審査に通過しやすいといわれています。銀行のローンは審査が厳しく、学生が申し込んでも審査に通過しにくいです。

しかし、デンタルローンは利用条件のハードルが低いので、学生でも利用できる可能性が高いでしょう。デンタルローンを申し込む際の条件は、以下の通りです。

  • 18歳以上であること
  • 安定した収入(アルバイト可)があること

学生でお金のない時期でも歯の治療ができるのは、メリットといえるでしょう。

高度な歯科治療を受けられる

デンタルローンを活用できる、高額な歯科治療の例は、以下の通りです。

  • インプラント治療:1本30万~40万円
  • 歯列矯正:60万~120万円
  • ホワイトニング:1万~7万円

歯は抜いてしまうと再生しないため、手遅れになる前に治療することが重要です。デンタルローンを利用すれば、金銭的な理由で治療をあきらめなくて済みます。

デンタルローンは、返済期間が最長10年など長めに設定されています。治療費が数十万~100万円を超えるケースもありますが、返済期間を長くすることで毎月の返済額を抑えやすくなるでしょう。

カードローンやクレジットカードより低金利

歯科医療費の支払方法として、デンタルローンのほかに、カードローンやクレジットカード(分割払い)が利用できる場合もあります。それぞれ一長一短がありますが、デンタルローンは特に低金利で借りられる可能性が高いです。

デンタルローン カードローン クレジットカード
(分割払い)
使用目的 歯科治療費のみ 自由 自由
追加借入 ×
審査 あり あり なし
金利 5%程度 15~18%程度 2回払いまで:手数料不要
3回払い以上:15%程度
借入可能額 500万~800万円 500万~800万円 100万~200万円
融資までのスピード 当日~数日 最短即日 即時

デンタルローンを利用するデメリット

デンタルローンを利用するデメリットは、以下の通りです。

  • 支払総額が高くなる可能性がある
  • 誰でも利用できるわけではない
  • すべての歯科医院で使えるわけではない

支払総額が高くなる可能性がある

デンタルローンでお金を借りると、利息が発生する点に注意が必要です。利息は返済期間が長い(完済まで時間がかかる)ほど高くなる傾向があります。

前述した通り、デンタルローンの返済期間は「最長10年」など長めです。これは毎月の返済額を抑えられるメリットがある反面、利息が増えて支払総額が高くなるデメリットにもつながります。

月々の返済負担を軽くしたいのか、支払総額を抑えたいのか検討したうえで、返済計画を練りましょう。利息や支払総額を抑えたい場合は返済期間を短く、月々の負担を減らしたい場合は返済期間を長く設定します。

誰でも利用できるわけではない

デンタルローンを利用するためには、ローンを提供する金融機関の審査に通過する必要があります。

審査基準は金融機関ごとに異なりますが、よくある条件は以下の通りです。

  • 申込時の年齢
  • 安定・継続した収入
  • 保証会社の保証が受けられるか

すべての歯科医院で使えるわけではない

すべての歯科医院がデンタルローンに対応しているわけではありません。

大規模な歯科医院や、インプラントや歯列矯正など高額な費用がかかる治療をメインで行っている歯科医院では対応していることが多いです。ただ、小規模な歯科クリニックなどは対応していないこともあります。

「デンタルローンを使うつもりだったのに、窓口で対応していないといわれた」といった事態に陥らないよう、治療を受ける前に確認しておくことが大切です。

デンタルローンの比較はクラウドローンが便利!

デンタルローンを取り扱っている金融機関は多数あります。多すぎてどれがよいのか選べないという人もいるでしょう。その場合は、各銀行のデンタルローンを比較できる「クラウドローン」がおすすめです。

クラウドローンなら、年齢や年収などの基本情報を入力するだけで、各銀行からローンの提案が届きます。借りられる金額や金利などは銀行によって異なるため、比較検討するとよいでしょう。

名前や住所を入力する必要はありません。自分で1社ずつ確認する手間や時間が省けるため、大変便利です。

まとめ

デンタルローンは、歯科治療に特化したローンです。高額な費用がかかるインプラントや歯列矯正なども、手元にお金がなくてもデンタルローンを利用すれば治療を受けられます。

ローンなので利息は発生します。また、利用するためには審査に通らなければなりません、金利や毎月の返済額、返済期間などを確認したうえで、計画的に利用するようにしましょう。どのデンタルローンがいいかわからない場合はクラウドローンで比較する方法もおすすめです。

キーワードで記事を検索