イオン銀行カードローンの特徴と返済シミュレーション|金利や審査の流れも解説

執筆者:マネーFix 編集部

銀行カードローンには多くの種類があります。その中でも、イオン銀行カードローンに興味を持った人は、自分に合うか気になっているのではないでしょうか。

この記事では、イオン銀行カードローンの金利や審査難易度、返済方法などを紹介します。ほかの銀行カードローンと比較する際の参考にしてください。

イオン銀行カードローンの特徴

イオン銀行カードローンの基本情報は、以下の通りです。

利用限度額 10万~800万円(10万円単位)
金利 3.8~13.8%
審査スピード 最短即日
申込資格 ● 契約時の年齢が20~64歳
● 国内在住(外国籍は永住許可が必要)
● 契約者本人もしくは配偶者に安定した収入がある
● イオンクレジットサービスまたはオリックス・クレジットの保証が受けられる
返済方法 ATM・口座振替

金利の下限は3.8%と高めですが、一方で上限は13.8%と相場より低めに設定されています。また、最低返済額は1,000円と少額なのも特徴です。

契約者本人に安定した収入がなくても、配偶者が安定して収入を得ていれば申し込める点も、ほかの銀行カードローンにはあまりない特徴です。

イオン銀行カードローンは、こんな人におすすめです。

  • 返済総額を抑えたい
  • 配偶者に安定収入がある
  • 少額返済でも利用できる銀行カードローンを探している

イオン銀行カードローンの特徴は、以下の通りです。

  • 年会費・入会金・コンビニATM手数料が無料
  • 1,000円から返済・借入が可能
  • 銀行カードローンならではの低金利
  • 限度額は最大800万円
  • 担保・保証人が不要
  • Webで申し込みが完結する
  • 専業主婦・主夫やアルバイトでも申し込める

それぞれの詳細を解説します。

年会費・入会金・コンビニATM手数料が無料

イオン銀行カードローンは、年会費・入会金・コンビニATM手数料いずれも無料です。そのため、コストを心配せずに利用できます。イオン銀行カードローン提携ATM設置機関は、以下の通りです。

■イオン銀行カードローン提携ATM設置機関

  • イオン銀行
  • コンビニATM イーネット
  • ローソン銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ろうきん
  • 信用金庫
  • 信用組合

1,000円から返済・借入が可能

イオン銀行カードローンは、前月末日時点の借入残高が3万円以下の場合、約定返済額は1,000円です。よって、無理のない返済計画を立てやすいでしょう。返済で月々の収支を圧迫するのを避けたい人には特におすすめです。

銀行カードローンならではの低金利

イオン銀行カードローンの金利は3.8〜13.8%です。消費者金融系のカードローンの金利は18%程度に設定されていることが多いため、それと比べるとかなり低めです。

またイオン銀行カードローンの金利は、ほかの銀行カードローンと比べても低い方です。実際に、金利をほかの銀行カードローンと表で比較してみましょう。

ローン名 金利
イオン銀行カードローン 3.8~13.8%
住信SBIネット銀行カードローン 1.59~14.79%
オリックス銀行カードローン 1.7~14.8%
横浜銀行カードローン 1.5~14.6%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8~14.6%

※2023年1月時点

このように、ほかの銀行カードローンの上限金利よりイオン銀行カードローンの方が1.0%程度も低いことがわかります。

限度額は最大800万円

イオン銀行カードローンは、最大800万円まで借入が可能です。結婚式費用やマイカー購入資金など、多額の借入が必要な場合に役立ちます。

担保・保証人が不要

ローンを借りる際にネックとなるのが、担保や保証人です。しかし、イオン銀行カードローンでは、担保も保証人も必要ありません。ただし、申し込み後の審査では、保証会社の審査を通過する必要があります。

Webで申し込みが完結する

イオン銀行カードローンはWebで申し込みが完結できます。簡単な申し込みフォームに入力するだけなので、忙しい人にもおすすめです。

専業主婦・主夫やアルバイトでも申し込める

一般的に、銀行カードローンは本人に安定収入がないと申し込むことができません。しかし、イオン銀行カードローンは、本人に安定収入がなくても、配偶者に安定収入があれば申し込むことができます。そのため、専業主婦・主夫やアルバイトでもチャンスがあります。

イオン銀行カードローンの金利

イオン銀行カードローンの金利は、3.8~13.8%です。金利は、借入限度額によって変わります。イオン銀行カードローンの借入限度額と金利は、下表の通りです。

借入限度額 金利
10万円〜90万円 11.8〜13.8%
100万円〜190万円 8.8〜13.8%
200万円〜290万円 5.8%〜11.8%
300万円〜390万円 4.8%〜8.8%
400万円〜490万円 3.8%〜8.8%
500万円〜590万円 3.8%〜7.8%
600万円〜790万円 3.8%〜5.8%
800万円 3.8%

出典:イオン銀行「カードローン金利

イオン銀行カードローンの審査

イオン銀行カードローンの審査について解説します。

必要な書類

イオン銀行カードローンの審査に必要な書類は、以下の通りです。

本人確認書類 ●日本国籍の人下記いずれか2点
● 運転免許証(変更事項がある人は両面)
● 健康保険証
● パスポート(外務大臣印ページ、顔写真ページ、所持人記入欄ページ)
● マイナンバーカード(表面のみ)
・外国籍の人下記いずれか1点+運転免許証、健康保険証のいずれか1点
● 在留カード(変更事項がある人は両面)
● 特別永住者証明書(変更事項がある人は両面)
収入確認書類 下記いずれか1点
● 源泉徴収票(直近年度)
● 給与明細(直近3ヵ月以内に発行された給与明細2ヵ月分)
● 直近年度の住民税決定通知書(個人事業主、事業専従者、法人代表者)
● 課税証明書(発行後3ヵ月以内のもの)
● 納税証明書 その2(所得が記載されており、発行後3ヵ月以内のもの)

いずれの書類も、文字や画像が不鮮明な場合は不備となります。撮影の際は、ピントがぼやけたり、光が反射したりしないように気をつけましょう。

審査日数

イオン銀行カードローンの審査結果は、最短即日回答です。必要書類を早く提出すれば、審査が進みやすいでしょう。審査完了後5日程度でカードを受け取ることができます。

審査の厳しさ

イオン銀行カードローンの審査は、消費者金融系のカードローンと比べると厳しめです。なぜなら、保証会社の審査にも通る必要があるためです。

とはいえ、イオン銀行カードローンは、本人に安定収入がなくても申し込むことができます。その点を加味すると、ほかの銀行カードローンよりは審査に通りやすいと考えられます。

借入診断

イオン銀行カードローンでは、申し込み前に「かんたん!お借り入れ診断」ができます。年齢・年収・他社借入額(住宅ローンを除く)を入力すれば、借入が可能かどうかすぐにわかります。ただし、あくまでも目安であるため、結果は参考程度に留めておきましょう。

出典:イオン銀行「かんたん!お借り入れ診断

イオン銀行カードローンの返済

イオン銀行カードローンの返済方法・返済日について解説します。また、返済シミュレーション結果の一例も紹介します。

返済方法

イオン銀行カードローンの返済方法は、ATM返済か口座引き落しから選べます。

返済可能なATM設置機関は、以下の通りです。

  • イオン銀行ATM
  • コンビニATM イーネット
  • ローソン銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ろうきん
  • 信用金庫
  • 信用組合

また、引き落し用口座には、以下の銀行口座を設定できます。

  • イオン銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 信用金庫
  • 三菱UFJ銀行
  • 上記のほか、一部を除き地方銀行も可

イオン銀行口座を引き落とし口座に設定した場合、「Myステージ」の対象取引となります。Myステージは、対象取引を行うことで、他行宛振込手数料や他行ATM利用手数料が0円になるなどの特典が得られるサービスです。

返済方法をあとから変更したいときは、カードローン専用マイページから手続きすることが可能です。ただし、返済延滞中は返済方法を変更できません。

返済日

イオン銀行カードローンの約定返済日は毎月20日です。もし引き落とし日が土日・祝日・国民の休日・年末年始の場合は、その翌営業日に引き落とされます。

ATMなら、毎月1日~約定日の間いつもで約定返済が可能です。

イオン銀行カードローンのデメリット

イオン銀行カードローンのデメリットは、以下の通りです。

  • カードが郵送されてくる
  • 即日借りることはできない
  • 無利息期間がない

詳細を解説します。

カードが郵送されてくる

イオン銀行カードローンの審査に通ると、ローンカードが自宅に送られてきます。同居人にバレたくない人にとってはデメリットです。本人確認書類に記載の住所以外での受取や、時間帯の指定もできないため、対策が難しいです。

即日借りることはできない

イオン銀行カードローンは、即日融資が受けられません。審査結果は最短即日に回答されますが、借入ができるようになるのは先です。ただし、イオン銀行の口座を保有していると、審査完了の翌々日9時以降からネットバンキングでの借入が可能です。どうしても当日中に資金が欲しいのなら、ほかのカードローンを利用しましょう。

無利息期間がない

イオン銀行カードローンには、無利息期間がありません。カードローンによっては、30日以内に完済したら無利息というケースも多いので、この点は不利といえるでしょう。

イオン銀行カードローンの限度額を増やす方法

イオン銀行カードローンの限度額を増やす方法は、以下の通りです。

  1. カードローン専用マイページにログイン
  2. マイページ内の増枠(増額)案内のバナーを選択
  3. 申込画面から必要事項を入力
  4. 審査結果連絡(メール)

ドメイン拒否している場合は、「@aeonbank.co.jp」からのメールを受け取れるように設定しておきましょう。

まとめ

イオン銀行カードローンは、コンビニATM手数料が無料で、1,000円から返済・借入が可能です。専業主婦やアルバイトでも申し込めます。メリット・デメリットなどをほかの銀行カードローンと比較検討し、自分に合うかどうか判断してください。

銀行カードローンを利用する際には、金利や借り入れ可能額、返済方法など、様々なポイントを比較することが大切です。おすすめの銀行カードローン11選|メリット・デメリットを解説で紹介しています。

キーワードで記事を検索