横浜銀行カードローンの特徴は?返済額シミュレーションや審査基準とともに解説

執筆者:マネーFix 編集部

銀行カードローンには多くの種類があります。その中でも、横浜銀行カードローンに興味を持った人は、自分に合うか気になっているのではないでしょうか。

この記事では、横浜銀行カードローンの金利や審査難易度、返済方法などを紹介します。ほかの銀行カードローンと比較する際の参考にしてください。

横浜銀行カードローンの特徴

横浜銀行カードローンの基本情報は、以下の通りです。

横浜銀行カードローン基本情報
利用限度額 10万~1000万円
金利 1.5~14.6%
申し込み資格 ● 契約時の年齢が20~69歳
● 契約者本人もしくは配偶者に安定した収入がある
● 神奈川県全域・東京都全域・群馬県前橋市・高崎市・桐生市に在住もしくは勤務
● SMBCコンシューマーファイナンスの保証が受けられる
返済方法 定例返済:口座振替
任意返済:横浜銀行ATM・提携ATM・窓口・インターネット

横浜銀行カードローンは、東京都および神奈川県全域・群馬県の一部地域に在住もしくは勤務している人が利用できます。

横浜銀行カードローンには、契約と同時に融資を受けられるというメリットがあります。ATM取引は何回しても手数料がかからないため、コストを抑えられる点も魅力です。

横浜銀行カードローンは、こんな人におすすめです。

  • すぐに借入を行いたい
  • ほかの銀行カードローンよりも多くの金額を借りたい
  • ローンをまとめたい

横浜銀行カードローンの主な特徴は、以下の通りです。

  • いつでも何度でもAMT手数料無料
  • 口座を持っていなくても申し込みはWebで完結
  • 月々の返済は2,000円から
  • 契約後すぐに融資可能
  • 最大1000万円まで借入が可能
  • ほかのローンやリボ払い残高をおまとめできる

それぞれの詳細を解説します。

いつでも何度でもATM手数料無料

横浜銀行カードローンは、何度利用してもATM手数料が無料です。手数料を気にせずに利用できるのは、大きなメリットといえます。

横浜銀行カードローンを手数料無料で利用できるATMは、以下の通りです。

■横浜銀行カードローンを手数料無料で利用できるATM

  • 横浜銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ファミリーマートATM
  • デイリーヤマザキATM
  • ミニストップATM
  • コンビニATMイーネット

※横浜銀行、コンビ二等のATMを利用する場合は所定のATM利用手数料・時間外手数料がかかる
※ATMによっては一部取引不可

口座を持っていなくても申し込みはWeb完結

横浜銀行カードローンは、横浜銀行の口座がなくても申し込みできます。24時間いつでもWebで手続きできるため、手軽です。

月々の返済は2,000円から

横浜銀行カードローンは、月々の返済額2,000円から利用できます。家計を圧迫したくないという人も、無理のない返済計画を立てることが可能です。

ただし、返済額は借入残高に応じて異なるので、注意してください。

契約後すぐに融資可能

横浜銀行カードローンは、ローンカードが届く前に融資を受けられます。審査結果は最短で申し込み翌営業日にわかるため、なるべく早く資金が欲しい人におすすめです。

最大1000万円まで借入が可能

横浜銀行カードローンは、最大1000万円まで借入が可能です。多くの銀行カードローンは、借入上限額を800万円に設定しているため、より多くの金額を借入したい場合は横浜銀行カードローンをおすすめします。

ほかのローンやリボ払い残高をおまとめできる

横浜銀行カードローンでは、「おまとめローン」でほかのローンやリボ払い残高を1つにまとめることが可能です。ローンをまとめることで利息が安くなったり、返済の管理がしやすくなったりするメリットがあります。

横浜銀行カードローンの利用条件と審査基準

横浜銀行カードローンの利用条件と審査基準はどのようになっているのか解説します。

利用条件

横浜銀行カードローンの利用条件は、以下の通りです。

■横浜銀行カードローン利用条件

  • 契約時の年齢が満20~69歳
  • 契約者本人もしくは配偶者に安定した収入がある
  • 神奈川県全域・東京都全域・群馬県前橋市・高崎市・桐生市に在住もしくは勤務
  • SMBCコンシューマーファイナンスの保証が受けられる

年齢の上限は、比較的高めに設定されています。また、本人に安定した収入がなくても、配偶者が安定した収入を得ている場合は利用することが可能です。

ただし、利用できるのは上記地域に在住、もしくは勤務している人に限定されます。

審査基準

横浜銀行カードローンの審査でチェックされるのは、主に以下の3つです。

  • 収入の安定性

収入が安定していると、返済も計画通りに行える可能性が高いとみなされ、審査に通りやすくなります。横浜銀行カードローンの場合は、本人だけでなく配偶者に安定した収入があれば、審査に通る可能性があります。

  • ほかの金融機関からの借入状況

借入金額や件数が多いほど、審査では不利になります。借入金額が年収の3分の1以上、借入件数が4件以上あると厳しいのが現実です。

  • 個人信用情報

例えば、過去に家賃やクレジットカード料金の滞納がないかという点が重視されます。支払いの遅延や滞納がある場合は、金融機関の間で情報が共有されるため、審査に通りにくいです。

横浜銀行カードローンの借入方法

横浜銀行カードローンは、Webから24時間365日いつでも申し込むことが可能です。融資は最短翌日に実行されます。

横浜銀行カードローンの利用手続きは、以下の流れで行います。

■横浜銀行カードローン利用手続きの流れ

  1. 申し込み
  2. 書類提出・審査
  3. 審査結果の連絡(最短翌日)
  4. 契約手続き(Web・郵送・FAX)
  5. カード発行・利用開始

横浜銀行カードローンの金利と利息

横浜銀行カードローンの金利は1.5~14.6%とやや高めです。ほかの銀行カードローンとの金利を比較すると、下表の通りです。

銀行カードローン金利比較表
ローン名 金利
横浜銀行カードローン 1.8~14.6%
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%
イオン銀行カードローン 3.8~13.8%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8%

借入金額が大きかったり、期間が長かったりすると、金利差によって利息総額が大きくなる点に注意が必要です。

横浜銀行カードローンの返済額シミュレーション

横浜銀行カードローンの返済額は、シミュレーターで把握できます。例として、以下の条件でシミュレーションしてみました。

  • 借入限度額:200万円
  • 借入額:100万円
  • 借入期間:36ヵ月
  • 借入金利:11.8%

結果は、以下の通りです。

  • 返済回数:245回
  • 返済総額:186万5,567円
  • 利息総額:86万5,567円

無理のない返済計画を立てるためにも、申し込み前にぜひ活用してみてください。

出典:横浜銀行カードローンご返済シミュレーション

横浜銀行カードローンの返済方法

横浜銀行カードローンの返済方法には、「定例返済」「一部返済」「全額返済」の3種類があります。

定例返済とは、毎月決まった日に最低限行う義務がある返済のことです。定例返済では、指定口座から返済額が自動的に引き落とされます。

一部返済とは、定例返済に加えて借入残高の元金の一部を返済することです。一部返済は、横浜銀行ATM、コンビニ等の提携ATM、横浜銀行の窓口、〈はまぎん〉マイダイレクト(ネットバンキング)から行えます。

全額返済では、借入残高の元金に加えて、利息もまとめて返済します。全額返済は、横浜銀行のATM、窓口、〈はまぎん〉マイダイレクトから行えます。

一部返済・全額返済共に、定例返済が遅れている場合は行えません。

返済日は毎月10日!前日までに入金する

横浜銀行カードローンの定例返済日は、毎月10日です。返済金額は、借入残高によって決まります。返済金額は、定例返済日の前日までに入金してください。

万が一遅れてしまったら

万が一返済に間に合わなかった場合は、ただちに横浜銀行へ連絡しましょう。当日中に振り込むことができれば問題ありません。1日でも遅れると記録に残るため、注意してください。

在籍確認なしで借りられる?

横浜銀行カードローンを利用する際は、職場への在籍確認が電話で行われます。ただし、担当者は社名を名乗らず、本人以外には要件を話さないため、職場の人にカードローンの利用を知られる可能性は低いでしょう。

契約後に横浜銀行カードローンの融資額を上げる方法

横浜銀行カードローンの融資限度額増額手続きは、電話・郵送・FAXで行うことができます。

横浜銀行カードローン受付センター
0120-458-014
電話受付時間:平日9:00〜20:00
土・日・祝日9:00〜17:00(12/31〜1/3は休業)

郵送・FAXの場合は、ATMコーナーに備え付けのリーフレットに希望金額を記入のうえ提出します。

借入限度額が50万円を超える場合は、収入証明書(源泉徴収票、納税証明書、確定申告書、住民税決定通知書のいずれか)を用意する必要があります。

まとめ

横浜銀行カードローンは、いつでも何度でもATM手数料が無料、口座を持っていなくても申し込みがWebで完結できる、ほかのローンやリボ払い残高をおまとめできるといった特徴があります。ただし、金利がやや高めであることや、対象地域に在住もしくは勤務していないと利用できないなど、注意点もあります。

メリット・デメリットなどをほかの銀行カードローンと比較検討し、自分に合うかどうか判断してください。

銀行カードローンを利用する際には、金利や借り入れ可能額、返済方法など、様々なポイントを比較することが大切です。おすすめの銀行カードローン11選|メリット・デメリットを解説で紹介しています。

キーワードで記事を検索