9月26日以降、コロナ感染「みなし入院」の入院給付金に制限。給付に当てはまる条件とは

ニュース・コラム

新型コロナウイルスに関する、医療保険の給付金請求が見直されます。

9月9日の時点で、生命保険や損害保険を取り扱う23社が、新型コロナウイルスに感染した場合の医療保険の請求条件を制限すると発表しました。

9月26日から変更される医療保険の給付金請求条件や、変更の経緯について解説します。

スポンサーリンク

請求できる条件の変更点について

9月26日から医療保険の給付金請求で変更の対象となったのは、「みなし入院」です。

新型コロナウイルスに罹患した場合、これまで自宅療養や宿泊施設等で実際に入院していない(みなし入院)場合も、医療保険の入院給付金が支給されていました。

今回の変更では、みなし入院の範囲を「重症化リスクが高い」人に限定しています。

みなし入院でも給付金が支払われる条件について、アフラック生命保険会社は、9月9日に発表した資料にて以下の通り定義しています。

  • 65歳以上の者
  • 入院を要する者
  • 重症化リスクがあり、新型コロナ治療薬の投与または新型コロナ罹患により酸素投与が必要な者
  • 妊婦
出典:アフラック生命保険会社 2022年9月9日発表資料より
スポンサーリンク

なぜ「みなし入院」の条件が変更になったのか

みなし入院に対する入院給付金の支払い条件が変更された理由は、新型コロナウイルスの発生届を「重症化リスクの高い人」に限定したためです。

前提として、医療保険で保障されている入院給付金の支払いは、以下の3つの条件を満たす必要があります。

  • 自宅等での療養が困難で医師による治療が必要な状態
  • 医師の管理下において治療の専念が必要な状態
  • 病院または診療所への入院が必要な状態

新型ウイルスの感染者は、感染症法上「入院勧告」が必要と分類されています。そのため、入院できず自宅等で療養せざるを得ない状況も、入院と同等の「みなし入院」として給付金支給を特別に実施していました。

しかし、9月26日以降は、新型コロナウイルス感染症の発生届の範囲を「重症化リスクの高い人」に限定する方針となり、これに伴ってみなし入院における給付金の支払い対象者を変更することになったという経緯です。

今後も情報が追加される可能性があるので、契約している保険会社のホームページを確認してください。

出典
・日本経済新聞 コロナ入院保険、26日から対象縮小 日生など20社強発表
・アフラック生命保険株式会社「新型コロナウイルス感染症における「みなし入院」の取扱いについて(9月9日発表)」
・第一生命保険株式会社「新型コロナウイルス感染症における給付金の特別取扱の対象について(9月9日発表)」
タイトルとURLをコピーしました