※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

【2024年7月】新紙幣を発行へ。世界初、傾けると見え方が変わる偽造防止技術を導入

執筆者:川辺 拓也

【記事執筆】FP川辺 拓也

3,000人を超える顧客からの相談実績をもとに、社会保障制度や家計に必要な金融知識を分かりやすく提供。2級ファイナンシャルプランニング技能士。金融全般から、お金に関する政策まで幅広く専門領域があり、複数の金融メディアに多数寄稿。

日本銀行は、2024年7月3日から新紙幣を発行すると発表しました。

新紙幣には、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎が採用されます。

2004年以来、20年ぶりに発行される新紙幣は、現行の紙幣とどのようにデザインが異なるのでしょうか。

この記事では、7月3日から発行される新紙幣について解説します。

各紙幣の人物とデザイン

新紙幣に採用される人物は、以下の通りです。

  • 一万円札:渋沢栄一
  • 五千円札:津田梅子
  • 千円札:北里柴三郎

一万円札:渋沢栄一

一万円札には、渋沢栄一が採用されます。
 
出典:財務省「新しい日本銀行券の発行時期について」(以下同)

渋沢栄一は、明治から昭和初期に活躍した実業家です。

「近代日本経済の父」や「日本資本主義の父」といわれています。

現在のみずほ銀行である日本初の銀行「第一国立銀行」や、東京証券取引所の前身となった「東京株式取引所」などの設立に携わりました。

王子製紙やサッポロビールなど、企業の設立にもかかわっています。

また、一橋大学など数多くの教育機関や社会事業の支援にも携わりました。

五千円札:津田梅子

五千円札には、津田梅子が採用されます。
 
津田梅子は、津田塾大学を創立した教育家です。

アメリカで教育を受けたあと「男性と対等に活躍できる女性の育成」を目指し、女性の個性を尊重した少人数での教育に力を入れました。

津田梅子は「日本の女性教育の先駆者」といわれています。

千円札

千円札には、北里柴三郎が採用されます。

北里柴三郎は、破傷風菌の純粋培養に世界で初めて成功した細菌学者です。

また「血清療法」を確立して、伝染病の予防に功績を上げました。

インフルエンザや赤痢などの血清開発を進め、「近代日本医学の父」といわれています。

北里大学のもととなる北里研究所の創設や、慶應義塾大学医学部の創設に携わっています。

新紙幣の新機能

新紙幣は、偽造防止を目的として以下の機能を導入しています。

  • 触ってわかる機能:深凹版印刷
  • 透かしてわかる機能:高精細すき入れ(すかし)バーパターン
  • 傾けてわかる機能:ホログラム、潜像模様、パールインキ
  • 道具でわかる機能:マイクロ文字、特殊発行インキ

 
出典:日本銀行「新しい日本銀行券の特徴 偽造防止技術~4つの『分かる』」

特に、肖像が三次元に見えるホログラム技術は、世界初の導入となりました。

ホログラム技術によって、紙幣を見る角度によって、肖像や図柄が変化します。

新紙幣は7月3日から発行されますが、旧紙幣もこれまで通り利用できます。

銀行のATMは、発行日に新紙幣と旧紙幣の両方に対応する予定です。

ただし、自動販売機や券売機は、機械によって対応状況が異なる可能性があります。

日銀は2024年3月末までに新紙幣をあわせて45億3000万枚印刷する計画です。

2024年7月以降は、需要に応じて必要な量を順次発行します。

7月以降に新紙幣を手にしたら、これまでのデザインとどのように違うのか、自分の目で確かめてみてください。

出典

キーワードで記事を検索