地域限定の「アプリ」「デジタル商品券」が人気。 4人に1人が、物価高で利用を始めている

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

ポイントアプリを活用して、お得に買い物をしている人も多いのではないでしょうか。

株式会社インフキュリオンの調査によると、およそ4人に1人が、物価高をきっかけにポイントアプリの利用を開始したことがわかりました。

また、半数以上の人が、「お得に買い物ができる地域限定のサービスがあれば利用したい」と考えているようです。

この記事では、ポイントアプリの利用実態や、地域限定の金融サービスについて紹介します。

約4人に1人がポイントアプリの利用を開始

株式会社インフキュリオンが、16〜69歳の5,000名を対象に「決済動向2023年下期調査」を実施しました。

出典:株式会社インフキュリオン 「決済動向2023年下期調査」(以下同)

物価高対策で利用を開始したサービスについては、「ポイントアプリ」(24%)が最も多く、「コード決済アプリ」(17%)、「ポイントカード」(14%)と続きました。

ポイントアプリとは、特定のアプリでお買い物をすることでポイントが貯まったり、お得に買い物ができるクーポンを受け取れたりするアプリです。

代表的なポイントアプリとして、Tポイントアプリや楽天ポイントカードアプリが挙げられます。

例えば、Tポイントアプリは、Tカードの情報を登録するだけで利用を開始できます。

アプリに登録すると、Tカードを持ち歩く必要がなくなるだけでなく、貯まったポイントをアプリ内で確認できたり、お得なクーポンを簡単に獲得できたりします。

半数以上が地域限定の金融サービスを利用したいと回答


地域限定の金融サービスについて「利用意向あり」と回答した割合は、「地域限定アプリ/サービス」(74%)が最も多く、「地域限定のデジタル商品券」(68%)、「地域限定のデジタル通貨」(54%)と続きました。

どのような形であれ、半数以上の人が、「地域限定の金融サービスがあれば利用したい」と考えているようです。

地域限定のポイントサービス

自治体によっては、県民や市民のためにポイントを還元する事業を行っていることがあります。

自治体で行われている地域限定のポイントサービスには、以下のようなものがあります。

ちばシティポイント(千葉県千葉市)
市のイベントへの参加やアンケートに回答するとポイントを獲得できる(市施設利用券やWAONポイントなどへ交換可能)

マチカネポイント(大阪府豊中市)
市のイベントへの参加などでポイントを獲得できる(1ポイント1円として市内加盟店で利用可能)

みたか地域ポイント(京都府三鷹市)
市のイベントへの参加などでポイントを獲得できる(市内加盟店での利用や記念品への交換が可能)

また各自治体がQRコード決済サービスと連携して、さまざまなキャンペーンも実施しています。

地域限定で行われているキャンペーンやポイントサービスは、還元率が高く、よりお得に買い物ができるようになります。

地域限定アプリやサービスの需要が高まっています。

今後、さまざまな地域で提供が開始されるかもしれません。

例えば、東京都では2024年3月から、QR決済で10%ポイント還元する事業が開始されます。

住んでいる地域で利用できるサービスがあるか、確認してみるとよいでしょう。

出典
  • 株式会社インフキュリオン 「決済動向2023年下期調査」

キーワードで記事を検索