締切間近!ふるさと納税、選ぶ時間がない人は「あとからセレクト」がおすすめ

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

2023年のふるさと納税期限である12月31日まで、1週間を切りました。

例年、年末の駆け込み需要が増えるふるさと納税ですが、返礼品選びに悩む人もいるのではないでしょうか。

返礼品を選ぶ時間がなかったり、寄付先に悩んだりしている人には、「あとからセレクト」の利用がおすすめです。

この記事では、「あとからセレクト」について解説します。

あとからセレクトとは

「あとからセレクト」とは、先に納税だけして、あとから返礼品を選ぶことができるサービスです。

後日、専用サイトを通して、ギフト券の金額分に相当する返礼品と交換できます。

「あとからセレクト」は、以下のような人におすすめです。

  • 返礼品を選ぶ時間がない人
  • 返礼品をどれにすればよいか迷っている人
  • 寄付額を調整したい人

あとからセレクトでは、特定の返礼品を選ぶ必要がないので、返礼品を選ぶ時間がない人や返礼品で迷っている人に適しています。

また「年収が確定しておらず、寄付額を控えめにしていたが、もう少し寄付をしたい」などのように、寄付額を調整したい人にもおすすめです。

ただし、以下の点に注意が必要です。

  • 寄付する自治体については、選ぶ必要がある
  • 「あとからセレクト」を利用できない自治体もある

ポータルサイトに掲載されているすべての返礼品から選べるわけではありません。

寄付先の自治体だけは決める必要があります。

あとからセレクトを利用できるふるさと納税サイト

「あとからセレクト」を利用できる、主なふるさと納税サイトを紹介します。

  • ふるなび
  • 楽天ふるさと納税
  • さとふる
  • ふるさとチョイス

いずれのサイトでも、幅広い金額の寄付に対応しています。

寄付額1,000円から対応している自治体もあるので、細かい寄付額の調整に利用できます。

ギフト券が送られるタイプと、カタログが送られるタイプがあります。

各ふるさと納税サイトでは、ふるさと納税をすることでポイント還元されるお得なキャンペーンを実施しています。

あとからセレクトを選ぶ際は、キャンペーンへのエントリーも忘れないようにしましょう。

キーワードで記事を検索