【NISA】まだやっていない人が7割。 銀行預金ではお金は増えない。NISAなら増やせる可能性あり

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

新NISAのスタートまで残り1ヵ月を切りました。

NISAの話題を耳にする機会も多くなってきているのではないでしょうか。

NISAに関心はあるけど、まだ始めていない人もいるかもしれません。

物価高、低金利の現在、効率よく資産形成するためには、NISAの活用は欠かせません。

この記事では、新NISAをおすすめする理由について解説します。

NISAを利用していない人が7割

株式会社ベター・プレイスは、20~50代の男女を対象に、「2024年から始まる新NISAに関するアンケート」を実施しました。

出典:ベター・プレイス調べ「2024年から始まる新NISAに関するアンケート」(以下同)

現在一般NISAもしくはつみたてNISAを利用しているかについては、約73%が「利用していない」という結果でした。
 
「新NISAを利用していない人」の、新NISAの利用予定については、 約9割が「利用しない」という結果でした。

NISA以外に、老後のための資産形成を行っているかについては、「行っていないし、検討もしていない」(46.2%)が最も多く、「行っていないが検討している」(28.3%)、「行っている」(25.5%)と続きました。

NISA以外に、どのような資産形成をしているかについては、「貯金(普通預金・現金)」(69.1%)が最も多く、「株式投資」(47.9%)、「投資信託」(43.6%)と続きました。

新NISAをおすすめする理由

NISA以外の資産形成の方法として、「預貯金」が1位という結果でした。

しかし、物価高、低金利の現在において、普通預金では、資産を増やすことは難しいといえます。

政府は、消費者物価指数が、安定的に前年比2%程度上昇する状態を目指しており、今後も物価の上昇が予想されます。

普通預金や定期預金にお金を預けておくだけだと、物価が上がれば、いまあるお金の価値は目減りしてしまいます。

そのため資産形成をするうえで、預貯金だけでは不十分といえます。

資産を増やしたいと考えているなら、新NISAを活用することがおすすめです。

新NISAをおすすめする理由は、以下の通りです。

  • 利益が非課税になる
  • 少額から始めることができる
  • 非課税期間が無期限になる
  • 非課税額が増える
  • 一体化になった

利益が非課税になる

NISAは、一定額まで非課税で、投資信託や株を運用できる制度です。

通常、投資信託や株を運用し利益が出た場合は、約20%の税金がかかります。

しかし、NISAを活用すれば非課税になります。

例えば、投資で10万円の利益が出た場合、約2万円が税金として引かれます。

しかし、NISAを利用していれば税金を引かれることなく、10万円を受け取ることができます。

少額から始めることができる

金融機関にもよりますが、NISAは100円や1,000円からの少額投資ができます。

投資初心者や投資に不安がある人は、少額から始めることで、損失が出たときの精神的なダメージを少なくすることができます。

非課税期間が無期限になる

新NISAから、非課税期間が無期限になります。

2023年までのNISAでは、非課税保有期間が一般NISAで5年間、つみたてNISAで20年間の制限がありました。

しかし、新NISAではいずれも無期限になります。

このため残りの非課税期間を気にすることなく、長期的な運用が可能になります。

長期運用が可能になることで、リスクを軽減することができます。

非課税額が増える

2023年までのNISAでは、非課税限度額は、つみたてNISAが最大800万円、一般NISAが最大600万円でした。

しかし、新NISAでの非課税限度額は1800万円(成長投資枠1200万円まで)となります。

非課税で投資できる金額が増えるため、税制メリットが多く受け取れるようになります。

投資枠が一体化する

2023年までのNISAでは、「一般NISA」と「つみたてNISA」は別の仕組みで、どちらか一方しか利用することができませんでした。

新NISAでは一体化され、「成長投資枠」と「つみたて投資枠」の両方を利用することができるようになります。

そのため、投資方法の選択肢が広がります。

なお、初心者がNISA口座を作るのにおすすめの証券会社については、「投資初心者におすすめの証券会社をランキング形式で紹介!ネット証券を利用するメリットも解説」で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

こちらの記事では、初心者向けのNISA解説をしています。NISAについて「難しそう」と感じている人は、参考にしてみてください。

【誰でもわかるNISA解説】第1回:NISAって何?

【誰でもわかるNISA解説】第2回:いくらまで投資できるの?

【誰でもわかるNISA解説】第3回:つみたて投資枠と成長投資枠って何?

出典
  • ベター・プレイス調べ「2024年から始まる新NISAに関するアンケート」

キーワードで記事を検索