【誰でもわかるNISA解説】第3回:つみたて投資枠と成長投資枠って何?―――つみたて投資枠は「安定重視」、成長投資枠は「リターン重視」です。

執筆者:マネーFix 編集部

マネーFix 編集部

マネーFix 編集部は、FP有資格者や「ビジネス書」や「学習参考書」などさまざまなジャンルの編集経験者で構成されています。わかりやすく確かな情報を発信し「人生におけるお金の決断」の判断基準となる、信頼できるメディアを目指します。

2024年1月から新NISAが始まります。

新NISAに関するニュースや記事を目にする機会が増え、NISAについて気になっている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「NISAという言葉を初めて聞いた」「難しくてまったくわからない」という初心者に向けて、制度の概要をわかりやすく解説します。

第2回の「いくらまで投資できるか」では、NISAの年間投資枠や生涯で投資できる上限額について説明しました。

第3回は「つみたて投資枠と成長投資枠」ついて説明します。

つみたて投資枠と成長投資枠

前回、NISAは投資できる金額に上限があるという話をしました。

上限額は年間360万円、生涯1800万円です。

実は、この上限の中に2つの枠があります。

それが「つみたて投資枠」と「成長投資枠」です。

「つみたて投資枠」は簡単にいうと、時間をかけてコツコツとお金を育てていく投資枠です。

「成長投資枠」は簡単にいうと、短期間で多くの資産を増やすことを目的とした投資枠です。

つみたて投資枠とは


つみたて投資枠は、長い時間をかけて安定的に資産を増やすことを目的とした、「安定重視」の投資枠です。

特徴は、以下の3つです。

  • 分散投資
  • 長期間
  • 少額

分散投資とは、複数の商品に投資をしてリスクを抑えること。

例えば、商品を果物に例えてみます。

  • Aさんはミカンの木を4本育てている
  • Bさんはミカンの木を2本、リンゴの木を2本育てている

ミカンが不作になりました。

  • Aさんの育てているミカンの木は全滅
  • Bさんの育てているリンゴの木は残った

いくつかの商品に分散させることで、リスクを抑えることができます。

「つみたて投資枠」で投資できる商品は、分散投資に適した「投資信託」に限られています。

ほかにも、「長期の積立ができる」「少額から投資できる」商品がラインナップされているので、より安全に投資したい人に向いている投資枠といえます。

成長投資枠とは


成長投資枠は、つみたて投資枠よりも短期間で、多くの資産を増やすことを目的とした「リターン重視」の投資枠です。

特徴は、以下の2つです。

  • 高リターン
  • 高額投資

成長投資枠はつみたて投資枠よりも、リターンの大きい商品がそろっています。

リターンとは、投資をすることによって得られる利益のことです。

先ほどの、ミカンの木とリンゴの木で考えてみましょう。

  • ミカンの木は、収穫すると1本100万円の売り上げになる
  • リンゴの木は、収穫すると1本50万円の売り上げになる

この場合、ミカンの木の方がリターンの大きい商品ということになります。

ただし、リターンが大きい商品は、その分、リスクも大きくなります。

また、成長投資枠は、高額の投資ができる点も特徴です。

成長投資枠とつみたて投資枠の年間上限額は、以下の通りです。

  • 成長投資枠:240万円
  • つみたて投資枠:120万円

成長投資枠の方が、年間で120万円多く投資できます。

安定よりもリターンを重視する人や、まとまったお金がある人に向いています。

次回は、「なぜ投資をしたほうがいいのか」について解説します。

あわせて読みたい

初心者がNISA口座を作るのにおすすめの証券会社については、「投資初心者におすすめの証券会社をランキング形式で紹介!ネット証券を利用するメリットも解説」で詳しく解説しています。

キーワードで記事を検索