私立大学の平均学費|学費が安い私立大学や学費の負担を軽減する方法をご紹介

学資保険

私立は国公立よりも学費が高い傾向があります。

また、理系や医歯系、芸術、体育系の学部に進学を希望する場合はさらに学費が高くなる可能性があります。

この記事では、私立大学の入学費や授業料などが実際にどれくらいかかるのかを調べてまとめました。

私立大学の費用負担を軽減させる方法も紹介しているので、私立大学の学費捻出に不安がある方はぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

私立・公立・国立大学の学費一覧

私立・公立・国立大学の学費の目安は以下の通りです。

国公立 私立文系 私立理系
入学費 67.2万円 81.8万円 88.8万円
在学費用(4年間合計)(※) 414万円 608万円 732.8万円
出典:日本政策金融公庫 教育費負担の実態調査結果を元に作成
※在学費用とは、学校教育費(授業料、通学費、教科書代)、家庭教育費(塾の月謝、おけいこごとの費用など)を含む。令和3年度における見込み額

国公立は現在文部科学省が定める標準額(53万円)から最大2割増までの範囲で授業料が決定されていますが、私立にはそのような上限がありません。

また、自宅外から通う場合は、家賃や光熱費などの生活費がかかるため、在学費用はさらに高くなると見込まれます。

【分野別】私立大学の学費

私立大学の分野別の学費をまとめてみました。

私立大学の分野別の学費を見ると、圧倒的に医歯系学部が高く、理系学部、芸術、体育系学部等と続き、文系学部が最も安いことが分かります。

なお、以下の表はいくつかの大学の金額を抜粋して作成していますので、前述の調査結果とは若干異なる部分もあることをご了承ください。

【分野別私立大学の学費の目安】

分野 入学金 授業料 設備費/実習費
諸会費など
初年度納入額
文系学部 約20~30万円 約70~120万円 約4千円~3万円 約110~140万円
理系学部 約20~30万円 約100万円 約30~50万円 約150~170万円
医歯系学部 約100~200万円 約300~800万円 約20~100万円 約300~1,000万円
芸術、体育系学部等 約20~30万円 約70~130万円 約120約200万円 約100~170万円

文系学部の学費

私立文系学部の学費の相場は、入学金を含めた初年度納入額は110~140万円。

設備費・実習費・諸会費などは大学によって若干異なりますが、初年度納入学から入学金を引いた金額が大学2年制以降毎年かかるおおよその学費ということになります。

【文系学部の学費を一部抜粋】

学校 学部または学科 入学金 授業料 設備費/実習費/
諸会費など
初年度納入額 初年度納入額-入学金
早稲田大学 文学部 200,000円 1,009,000円 4,000円 1,213,000円 1,013,000円
法学部 200,000円 960,000円 10,700円 1,170,700円 970,700円
立教大学 文学部 200,000円 1,128,000円 6,500円 1,334,500円 1,134,500円
法学部 200,000円 1,121,000円 5,500円 1,326,500円 1,126,500円
北海学園大学 人文学部1部 200,000円 996,000円 32,000円 1,228,000円 1,028,000円
法学部 200,000円 972,000円 32,000円 1,204,000円 1,004,000円
関西大学 法学部・文学部 260,000円 930,000円 27,000円 1,217,000円 957,000円
金城学院大学 文学部日本語日本文学学科 200,000円 740,000円 417,300円 1,357,300円 1,157,300円

理系学部の学費

私立理系学部の学費の相場は、入学金を含めた初年度納入学は150~170万円。

文系に比べて入学金がやや高い傾向にあること、設備費などの項目が高い点が特徴です。

【理系学部の学費を一部抜粋】

学校 学部または学科 入学金 授業料 設備費/実習費/
諸会費など
初年度納入額 初年度納入額-入学金
城西大学(埼玉県) 理学部化学科 300,000円 963,000円 465,000円 1,728,000円 1,428,000円
東京理科大学 理工学部情報科学科 300,000円 1,030,000円 330,000円 1,660,000円 1,360,000円
理工学部応用生物学科 300,000円 1,047,000円 330,000円 1,677,000円 1,377,000円
北里大学 理学部物理学科・化学科 200,000円 1,012,500円 450,000円 1,662,500円 1,462,500円
東邦大学 理学部 250,000円 1,062,000円 320,000円 1,632,000円 1,382,000円
日本女子大 理学部 200,000円 1,020,000円 370,860円 1,590,860円 1,390,860円

医歯系学部の学費

医歯系学部の学費は、入学金が20~200万円、初年度納入学が290~945万円と、学校によって大きな開きがあります。

2年目以降も年間の学費は変わらないか、さらに高くなる学校もあります。

さらに、医学部の修業は6年間のため、他の学部よりも学費の総額は高くなります。

【医歯系学部の学費を一部抜粋】

学校 学部または学科 入学金 授業料 設備費/実習費/
諸会費など
初年度納入額
慶応大学 医学部 200,000円 3,040,000円 603,350円 3,843,350円
東京医科大学 1,000,000円 2,900,000円 900,000円 4,800,000円
東京歯科大学 600,000円 7,800,000円 1,057,000円 9,457,000円
北里大学 医学部 1,500,000円 6,500,000円 1,000,000円 9,000,000円
東邦大学 医学部 1,500,000円 3,000,000円 300,000円 4,800,000円
順天堂大学 医学学部 2,000,000円 700,000円 200,000円 2,900,000円円

芸術、体育系学部等の学費

芸術、体育系学部は、一般私立大学の文系よりもやや入学金が高く、設備費・実習費・諸会費などが高額になるケースが多いようです。

【芸術、体育系学部の学費を一部抜粋】

学校 学部または学科 入学金 授業料 設備費/実習費/
諸会費など
初年度納入額 初年度納入額-入学金
平成国際大学 スポーツ健康学部 320,000円 700,000円 436,000円 1,456,000円 1,136,000円
日本体育大学 体育学部 300,000円 1,260,000円 38,000円 1,598,000円 1,298,000円
帝京大学 スポーツ医療学科健康スポーツコース 263,000円 945,000円 464,000円 1,672,000円 1,409,000円
尚美学園大学 芸術情報学部 250,000円 1,400,000円 44,140円 1,694,140円 1,444,140円
多摩美術大学 美術学部(グラフィック) 270,000円 1,187,000円 468,000円 1,925,000円 1,655,000円
スポンサーリンク

有名私立大学の学費が安い学部ランキング

ここでは早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の学費の安い学部ランキングを紹介します。

早慶上智の学費が安い学部ランキング

早慶上智それぞれの公式ホームページより、 2022年8月時点の最新の学費を調べて、 安い順にランキングしました。

順位 大学 学部 学費
1位 早稲田大学 教育学部(英語英文学科除く) 1,165,650~
1,205,650円
2位 早稲田大学 法学部 1,170,700円
3位 早稲田大学 社会科学部 1,178,010円
4位 早稲田大学 商学部 1,181,800円
5位 早稲田大学 教育学部(英語英文学科) 1,186,740円
6位 早稲田大学 文化構想学部、文学部 1,213,000円
7位 早稲田大学 政治経済学部 1,216,700円
8位 上智大学 神学部、文学部(新聞学科除く)、総合人間科学部(心理・看護除く)、
法学部、経済学部、外国語学部、総合グローバル学部
1,272,650円
9位 上智大学 文学部新聞学科 1,312,650円
10位 上智大学 総合人間科学部心理学科 1,349,650円

慶応大学がランキングに入っていませんが、慶応大学で最も安い学部は、文学部の1,353,350円で11位となっています。

MARCHの学費が安い学部ランキング

MARCHそれぞれの公式ホームページより、 2022年8月時点の最新の学費を調べて、安い順にランキングしました。

順位 大学 学部 学費
1位 中央大学 法学部、文学部 1,297,300円
2位 明治大学 商学部 1,311,000円
3位 法政大学 文学部哲学科 1,312,000円
4位 中央大学 経済学部 1,312,300円
5位 明治大学 法学部 1,313,300円
6位 法政大学 社会学部 1,313,500円
7位 明治大学 政治経済学部、経営学部、
情報コミュニケーション学部、文学部
1,314,000円
法政大学 文学部(英文学科、史学科)、経済学部 1,314,000円
8位 法政大学 法学部法律学科 1,314,600円
9位 法政大学 文学部(日本文学科)、経営学部、
人間環境学部、現代福祉学部(福祉コミュニティ学科)
1,315,000円
10位 中央大学 商学部 1,315,300円

立教大学と青山学院大学がランキングに入っていませんが、立教大学で最も学費が安い学部は観光学部の1,326,000円でMARCHのなかでは11位。

青山学院大学で最も学費が安いのは、文学部(英米文学科)の1,400,200円でMARCHのなかでは23位にランキングしています。

関関同立で学費が安い学部ランキング

関関同立それぞれの公式ホームページより、 2022年8月時点の最新の学費を調べて、安い順にランキングにしました。

順位 大学 学部 学費
1位 同志社大学 神学部 1,118,000円
2位 同志社大学 グローバル地域文化学部 112万円
3位 同志社大学 政策学部 1,122,000円
4位 同志社大学 文学部(哲・美学芸術・文化史学科)、法学部 1,123,000円
5位 同志社大学 文学部(英米文学科)、社会学部 1,124,000円
6位 同志社大学 経済学部 1,124,500円
7位 同志社大学 文学部(国文学科)、商学部 1,125,000円
8位 関西学院大学 社会学部、経済学部 1,134,000円
9位 関西学院大学 文学部(文化歴史・文学言語学科) 1,135,000円
10位 関西学院大学 神学部 1,136,000円

立命館大学と関西大学がランキングに入っていませんが、立命館大学で最も学費が安い学部は法学部の1,174,600円で関関同立のなかでは12位。

関西大学で最も学費が安いのは、文学部の1,217,000円で関関同立のなかでは13位にランキングしています。

スポンサーリンク

私立大学の学費負担を軽減する方法

私立大学は、初年度納入額だけでも100~1,000万円もの費用がかかることがわかりました。

ここでは、私立大学の学費負担を軽減する方法を5つ紹介します。

【私立大学の学費負担を軽減する方法】
  • 大学無償化制度の活用
  • 教育ローンの活用
  • 奨学金制度の活用
  • 家計を見直して出費を減らす
  • 貯められる時期から貯めておく
  • それぞれの方法について詳しく解説します。

    大学無償化制度の活用

    大学無償化制度は、正確には「高等教育の修学支援新制度」と言います。

    経済的な事情によって、学習意欲のある学生が進学を諦めることのないよう、住民税非課税世帯や、それに準じる世帯を対象に、「授業料減免制度」と「給付型奨学金」の2つの制度が設けられています。

    ・授業料減免制度
    年収や家族構成などに応じて、要件を満たした学生の入学金や授業料が免除される制度

    ・給付型奨学金
    要件を満たした学生に大学生活のお金を支給する、返済不要の奨学金

    大学無償化制度の対象者

    以下の要件を満たす学生が、大学無償化制度の対象となります。

    • 住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯であること
    • 進学先で学ぶ意欲が確認できること(成績だけではなく、学ぶ意欲も重視)

    授業料減免制度と、給付型奨学金の支給額は、世帯年収によって異なります。

    例)本人が18歳、夫が給与所得者、妻が無収入、中学生の兄弟がいるケース

    【授業料減免制度 免除・減額の目安】※住民税非課税世帯(第Ⅰ区分)の場合

    国公立 私立
    入学金 授業料 入学金 授業料
    大学 約28万円 約54万円 約26万円 約70万円
    短期大学 約17万円 約39万円 約25万円 約62万円
    高等専門学校 約8万円 約23万円 約13万円 約70万円
    専門学校 約7万円 約17万円 約16万円 約59万円
    出典:文部科学省 高等教育の修学支援新制度より抜粋

    【給付型奨学金の支給額】(年額)住民税非課税世帯(第Ⅰ区分)(※)の場合

    区分 自宅通学 自宅外通学
    大学・短期大学・専門学校 国公立 約35万円 約80万円
    私立 約46万円 約91万円
    高等専門学校 国公立 約21万円 約41万円
    私立 約32万円 約52万円
    出典:文部科学省 高等教育の修学支援新制度より抜粋
    ※授業料減免制度、給付型奨学金ともに、第Ⅱ区分は第Ⅰ区分の2/3、第Ⅲ区分は第Ⅰ区分の1/3になります。

    【住民税の区分の目安】年収目安は兄弟の数・年齢、世帯構成で異なります。

    本人が18歳、夫が給与所得者、妻が無収入、中学生の家族がいるケース

    住民税の区分 年収目安
    第Ⅰ区分 ~270万円
    第Ⅱ区分 ~300万円
    第Ⅲ区分 ~380万円
    出典:文部科学省 高等教育の修学支援新制度より抜粋

    国の教育ローンの活用

    大学無償化制度の受給資格に当てはまらず、教育資金が準備できていない場合は、教育ローンの活用も検討するとよいでしょう。

    民間の金融機関が提供するものもありますが、日本政策金融公庫が取り扱う国の教育ローン(教育一般貸付)がよく知られています。

    【日本政策金融公庫の教育一般貸付の例】

    融資限度額 350万円(自宅外通学、大学院の資金、海外留学などの要件を満たせば450万円)
    返済期間 18年以内
    融資の対象となる対象 ・大学、大学院、短期大学
    ・専修学校、予備校、デザイン学校など
    ・高等学校、高等専門学校など
    ・外国の高等学校、短期大学、大学、大学院、語学学校など
    ・その他職業能力開発校などの教育施設
    金利(2022年5月2日現在) 1.80%(固定金利・保証料別)

    奨学金制度の活用

    学費の負担を軽減するために、日本学生機構(JASSO)が運営している奨学金を利用する方法もあります。

    日本学生支援機構の奨学金制度は、一定の学力基準を満たしている、学習意欲が認められる、年収が一定額以下といった要件を満たすことが必要です。

    奨学金は「給付型」と「貸与型」の2種類

    奨学金は返済不要の給付型奨学金と、返済が必要な貸与型奨学金の2つがあり、貸与型奨学金はさらに利子がつかない「第一種奨学金」と、利子がある「第二種奨学金」に分けられます。

    また、給付型奨学金と貸与型奨学金は併用することもできます。

    【第一種奨学金の貸与月額の目安】

    大学 短期大学・専修学校(専門課程)
    国公立 私立 国公立 私立
    自宅 自宅外 自宅 自宅外 自宅 自宅外 自宅 自宅外
    最高月額 45,000円 51,000円 54,000円 64,000円 45,000円 51,000円 53,000円 60,000円

    【第二種奨学金の貸与月額の目安】

    貸与月額2~12万円の範囲で選択可能。

    早期に貯蓄をはじめる

    出産直後から、大学進学を見据えて貯蓄をはじめるのが堅実な方法です。

    上記のような大学進学に関わる費用をもとに、貯蓄年数で割り戻せば、1年間に必要な貯蓄額が概算できるはずです。

    また、学資保険やジュニアNISAのような長期積立のしくみを利用して積み立てていく方法もあります。

    自分で判断が難しい場合は、FP無料相談などを利用して、将来設計を相談してみるのも一つの手です。

    家計を見直して出費を減らす

    短期間に数百万円の貯蓄をつくるのは、なかなか難しいことです。

    預貯金や投資、学資保険などを利用して長期に積み立てを行いながら、家計を見直して無駄な支出を抑え、その分を貯蓄に回すことができれば効率的です。

    食費や交際費などの見直しのほか、自動車保険や火災保険、生命保険など、過度な補償や現状に合わない設定を見直すことで、保険料の節約と保障内容の最適化を行うことができます。

    スポンサーリンク

    まとめ

    私立大学は国公立より学費が高い傾向があり、文系よりも、さらに理系や医歯系、芸術、体育系学部の学費は高くなります。

    そのため、特に私立を希望する方は学費に不安を感じてしまうかもしれません。学費の負担を軽減するために、大学無償化制度や奨学金といった国の制度の利用を検討してみると良いでしょう。

    その他にも、国の教育ローンなども活用する方法があるので、家計の見直しや早期の貯蓄も含めて早めに対策を立てておくことが重要です。

    タイトルとURLをコピーしました