公立高等学校の学費|無償化制度や奨学金制度についても徹底解説!

学資保険

公立高等学校の年間の学習費総額は、平均45万7,380円です。

また、入学時にかかる費用も想定しておく必要があります。

公立高等学校は、私立高等学校よりも学費がかからない傾向にあるものの、決して少ない金額ではありません。

本記事では、公立高等学校にかかる学費の目安、その内訳、公立高等学校で利用できる無償化制度、貯蓄の準備方法について紹介します。

公立高等学校の学費が不安な人は、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

公立高等学校でかかる学費の目安

公立高等学校の年間の学習費総額は、平均45万7,380円です。(※)

また、学習費総額は、学校教育費と学校外教育費に分けられます。

以下、公立高等学校でかかる学費について、細かく見ていきましょう。

(※)出典:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要」より抜粋

入学時にかかる費用

公立高等学校に入学する際には、次のような費用を想定しておきましょう。

【公立高等学校(全日制)の入学時にかかる費用】

費用項目 費用の目安
入学料 5,550円または5,650円(都道府県による)
制服 夏服と冬服で5万円
ジャージ上下、Tシャツ、短パン 合計で2万円
体育館用シューズ 3,000~5,000円
タブレット(必要に応じて) 6万~7万円
かばん 5,000~1万円

学校教育費と学校外活動費

学校教育費とは、学校教育のために支出した費用のことです。

【公立高等学校の年間の学校教育費】(※)

区分 金額
授業料 2万5,378円
修学旅行・遠足・見学費 3万5,579円
学校納付金など 5万5,360円
図書・学用品・実習材料費など 4万1,258円
教科外活動費 4万427円
通学関係費 7万9,432円
その他 3,053円
合計 28万487円

(※)出典:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要」より抜粋

学校外活動費は、子どもの学校生活以外の活動に対する支出のことで、家庭内学習費、家庭教師、学習塾費などの「補助学習費」と、スポーツ・レクリエーション活動、芸術文化活動などの「その他の学校外活動費」に分けられます。

【高校生の年間の補助学習費(公立)】(※)

家庭内学習費 家庭教師費 学習塾費 その他
1万6,769円 1万2,836円 10万6,884円 1万1,386円

【高校生の年間のその他学校外活動費(公立)】(※)

体験活動・地域活動 芸術文化活動 スポーツ・レクリエーション活動 教養・その他
2,140円 8,507円 5,784円 1万2,587円

(※)出典:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要」より一部抜粋

入学時にかかる費用

高校時の入学時には、以下のような費用がかかることも想定しておきましょう。

【公立高等学校の入学時にかかる費用】

制服(夏服と冬服の合計) 約5万円
体操着(ジャージ上下、Tシャツ、短パン合計) 約2万円
体育館用シューズ 3,000~5,000円
教科書代の補助費用(辞書など) 約1万円
タブレット(必要に応じて) 約6万~7万円
かばん 5,000~1万円
合計 約14.8万~16.5万円

私立高等学校の学費との比較

一般的に、公立高等学校よりも私立高等学校の方が、教育費は高くなる傾向にあります。学校教育費、学校外活動費について、それぞれ比較してみましょう。

公立高等学校は、運営経費の多くが公費(税金)で賄われるため、学校教育費では私立高等学校よりも安くなっています。

一方、補助学習費、その他の学校外活動費という点では、学校教育費ほどの差はないようです。

【公立高等学校の年間の学校教育費】(※)

区分 公立高等学校 私立高等学校
授業料 2万5,378円 23万26円
修学旅行・遠足・見学費 3万5,579円 5万3,999円
学校納付金など 5万5,360円 21万5,999円
図書・学用品・実習材料費など 4万1,258円 4万2,675円
教科外活動費 4万427円 5万6,224円
通学関係費 7万9,432円 11万4,043円
その他 3,053円 6,085円
合計 28万487円 71万9,051円

【高校生の年間の補助学習費】(※)

家庭内学習費 家庭教師費 学習塾費 その他 補助学習費合計
公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立
1万6,769円 2万7,205円 1万2,836円 2万20円 10万6,884円 12万9,313円 1万1,386円 1万7,407円 14万7,875円 19万3,945円

【高校生のその他の学校外活動費】(年間)(※)

体験活動・地域活動 芸術文化活動 スポーツ・レクリエーション活動 教養・その他 その他の学校外活動費合計
公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立
2,140円 6,098円 8,507円 1万4,596円 5,784円 1万5,101円 1万2,587円 2万1,120円 2万9,018円 5万6,915円

※1)出典:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要

スポンサーリンク

高等学校授業料無償化とは

高校生の就学を支援する「高等学校等就学支援金制度」という制度があります。

これは、世帯年収や世帯構成などが要件を満たしていれば、国公立・私立を問わず、給付が受けられる制度で、全国の約8割の生徒が利用しています。

公立高等学校の場合、支給額は、公立高校の授業料の相当額である年間11万8,800円です。

同制度の要件および申請方法について、解説します。

対象者

高等学校等就学支援金制度を受けるためには、日本に住所があり、在学要件と所得要件両方を満たす必要があります。

在学要件としては、高等学校、特別支援学校(高等部)、高等専門学校(1~3年生)、専修学校(高等課程)の学校種に通っていることが必要となります。

所得要件は、道府県民税所得割額と市町村民税所得割額の合計が50万7,000円を下回っていることが必要です。

これは、両親どちらか一方が働き、高校生1人、中学生1人の子がいる世帯の場合の世帯年収の目安としては、約910万円です。家族構成や年収に応じて対象となる年収は異なります。


出典:文部科学省「高校生等への就学支援(参考)年収目安」より一部抜粋して赤枠を追加

なお、私立高校については、所得に応じて支給額が異なります。

高等学校等就学支援金制度の申請方法・流れ

高等学校等就学支援金制度の申請方法と流れについて、紹介します。

新入生の場合は入学時の4月に、在校生の場合は7月頃に、学校から案内があります。

申請は、原則としてパソコン・スマートフォンなどのオンラインで行います。

なお、申請時には、保護者のマイナンバー、または保護者の個人番号等が必要です。

【申請方法・流れ】※オンラインで行う場合

  1. 生徒情報の入力
  2. 学校情報の入力
  3. 保護者の収入情報などの入力
  4. 入力内容確認
  5. 申請完了
  6. 審査

審査で問題なければ、支給決定となります。

なお、この制度は、国から学校設置者(自治体や学校法人)に支払われて授業料に充てる仕組みであるため、生徒や保護者が受け取れるというわけではありません。

スポンサーリンク

公立高等学校での学費負担を軽減させる方法

公立高等学校で学費負担を軽減させたい場合、次のような方法を検討してみましょう。

【学費負担を軽減させる方法】

  • 高校生等奨学給付金
  • 自治体による学費支援制度
  • 高等学校入学までに貯蓄を増やしておく
  • 母子家庭で利用できる制度を活用

以下、それぞれの方法について、詳しく解説します。

高校生等奨学給付金

「高校生等奨学給付金」とは、低所得世帯を対象とし、授業料以外の教科書、教材費、生徒会費、PTA会費などを補助する制度です。

文部科学省が提示している国公立高等学校などへの補助基準は、以下の通りです。

【高校生等奨学給付金の補助基準と補助額】

生活保護受給世帯【全日制など・通信制】 年額3万2,000円
住民税非課税世帯【全日制など】(第一子) 年額11万4,100円
住民税非課税世帯【全日制など】(第二子以降) 年額14万3,700円
住民税非課税世帯【通信制・専攻科】 年額5万5,000円

自治体による学費支援制度

自治体で独自に学費支援制度を用意している場合もあります。

ここでは、東京都の事例について、紹介します。

【東京都国公立高等学校等奨学のための給付金事業<家計急変世帯>】

  • 概要

保護者の失職などの理由で家計が急変し、都道府県民税所得割および区市町村民税が非課税世帯に相当する場合に給付金を支給します。

【都道府県民税所得割、及び区市町村民税が非課税世帯に相当すると認められる世帯年収】

世帯の人数 2人 3人 4人 5人 6人
世帯年収見込 204.4万円未満 221.6万円未満 271.6万円未満 321.6万円未満 370.4万円未満
年間所得 135万円未満 147万円未満 182万円未満 217万円未満 252万円未満
  • 支給額
基準日 全日制・定時制課程 通信制課程・専攻科
令和4年7月1日 非課税世帯(第一子) 非課税世帯(第二子)
11万4,100円 14万3,700円 5万500円
家計が急変した月の翌月1日 上記年額を12で割って、基準日から3月までの月数を乗じた月割額

高等学校入学までに貯蓄を増やしておく

高等学校入学に向けて、早めに用意しておけば、公立高等学校の学費負担を軽減させることができます。

貯蓄を増やす方法は、主に次の3つが挙げられます。

  • 積み立て投資
  • 現金預金
  • 学資保険

以下、具体的な方法について、見ていきましょう。

積み立て投資

普通預金や定期預金よりも、投資をした方が効率的にお金を増やすことができます。

もちろん、投資には、常に元本割れのリスクはありますが、積み立て投資は比較的少額から始めることができ、自動的に投資できるので、長期的な運用に向いていると言われています。

毎月一定額で積み立て投資をする場合、高値のときは購入できる口数が少なく、安値のときは逆に増えるため、平均すると購入単価が下がりやすいと言われています。

値下がりしたときに口数が増え、これを継続して買い続けるので、値上がりしたときに元本を回復しやすいという傾向があります。

「つみたてNISA」の対象の商品であれば、投資で得られた収益は非課税となります。

こういった制度も利用して、資産形成をはじめてみるとよいでしょう。

現金貯金

現金貯金は、金利が低いため大きく増やすことは難しいですが、すぐに始められるといったメリットがあります。

学費以外に、病気など急な支出があった場合でも、いつでも引き出せる資金は一定額必要です。

また、頻繁に学費の支出があっても、貯蓄があれば、精神的な負担を軽減できます。

学資保険

学資保険に加入し、保険料を積み立てることで、将来学費で大きな支出が生じる時期に備えておくことができます。

祝い金や満期保険金が払った保険料よりも多く受け取れる可能性がある上、保険料払込期間中に、保険料を負担している親に万が一のことがあった場合、一般的に以降の保険料の支払いが免除されます。

保険料が免除になっても、祝い金や満期保険金は支払われます。

母子家庭で利用できる制度を活用

学費を軽減できる制度には、母子家庭で利用できる制度もあります。

主な制度としては、以下の2点が挙げられます。

  • 児童扶養手当
  • ひとり親家庭支援奨学金制度

以下、それぞれの制度について紹介します。

児童扶養手当

「児童扶養手当」は、父母が婚姻または死亡などの理由で、ひとり親となった世帯に対し、手当を支給する制度です。

なお、ここでいう児童とは、「18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあたる児童(障害時の場合は20歳未満)(厚生労働省「児童扶養手当について」より抜粋」)を指します。

【児童扶養手当の概要】

所得制限限度額 ・全部支給(二人世帯)160万円
・一部支給(二人世帯)365万円
支給期月 奇数月
手当月額(令和4年4月~) 1人 ・全部支給4万3,070円
・一部支給1万160~4万3,060円
児童2人目 ・全部支給1万170円
・一部支給5,090~1万160円
児童3人目 ・全部支給6,100円
・一部支給3,050~6,090円

ひとり親家庭支援奨学金制度

「ひとり親家庭支援奨学金制度」は、コンビニエンスストア大手のローソングループがサポートしている、ひとり親家庭の子どもを支援する制度です。

なお、令和4年度は、4月27日で応募を締め切っています。

【ひとり親家庭支援奨学金制度の概要】

募集人数 400人(各都道府県4名~)
対象学年 中学3年生、高等学校(1~3年生)などに在籍する生徒
奨学金 月額3万円給付(1年間、他の奨学金との併用可能)
スポンサーリンク

まとめ

公立高等学校の年間の学習費総額は、平均457,380円。

一般的に私立高等学校に比べると、学費が安い傾向にあります。

しかし、子育て世帯にとっては、決して少額とはいえないかもしれません。

国や自治体が用意している無償化制度について、自分が利用できる制度はないかどうか、確認しておきましょう。

また、併せて積み立て投資、学資保険、現金貯金などの資金形成をすることで、長期的な教育に関わる資金づくりと突然の出費に備えることができます。

タイトルとURLをコピーしました